ご希望の上場企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー
上場企業
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職業用語集(か行)



職業に関する用語(か行)をご紹介します。

カーアドバイザー

カーアドバイザー(カーアドバイザー)

自動車販売店で、店頭セールスを行なう。基本的には、自動車販売店の社員が行なう。来店したお客様の希望車種や予算、オプションの必要性などお客様の情報を入手するともに、お客様の希望やライフスタイルなどに合った車両を紹介する。また、メンテナンスを含めたメカニックの知識により、車両のトラブルや不具合に対して的確な解決法を説明する。車両への専門的な知識はもちろん、好印象を与える接客応対も重要視される。また、自動車保険や法的知識も身に付ける必要がある。●必要とする資格:不要

カーデザイナー

カーデザイナー(カーデザイナー)

自動車メーカーや、自動車デザイン事務所に勤務し、新型車のデザイン作業を行なう。仕事はマーケティングをもとに、あらかじめ設定されたコンセプトにしたがって形にしていくという流れが主流と言える。ボディーデザインとインテリアデザインの各部門に分かれて担当することが多い。メーカーからの要望と消費者ニーズに応えるためには、デザインセンスだけでなく、素材や部品・技術の知識、コスト計算、消費者ニーズの動向などの知識も必要となる。●必要とする資格:不要

介護福祉士

介護福祉士(カイゴフクシシ)

急速に進む高齢化社会に対応できるよう、昭和62年に創設された国家資格。知的障害児施設や身体障害者療養施設、老人ホーム、グループホームなどの施設に勤務するケースと、在宅介護を希望する方の自宅に出かけて介護を行なうケースなどがある。仕事の内容は、入浴・排泄・食事のサポートが主で、時には精神的なケアも行なう。また、近年では生活全般を手伝うのでなく、自立を促す介護や、要介護者の人権を守るための介護を実践できる人材が求められている。●必要とする資格:介護福祉士(国家資格)

海上保安官

海上保安官(カイジョウホアンカン)

日本の領海内で、巡視船や航空機を使って監視し、治安の維持を行なう。具体的には、密輸や密猟などの海上犯罪の取り締まり、遭難者の救助、船舶の交通誘導といった業務を担う「警備救難業務」、海底の地形、潮流の調査をして海図を作成したり安全な航路に必要な情報を船舶に提供したりする「海洋情報業務」、灯台の建設や保守、人工衛星からの情報を航行中の船舶に知らせる「海上交通業務」の3つが挙げられる。本人の希望や適性により、より専門性の高い潜水士・特殊救難隊員などの道も開かれている。●必要とする資格:海上保安大学校、または海上保安学校修了証

カイロプラクター

カイロプラクター(カイロプラクター)

カイロプラクティック、整体を専門的に行なう。「カイロプラクティック」とは、筋肉や骨のゆがみを手技で矯正する治療法で、WHO(世界保健機関)では代替医療として位置づけられている。病気そのものに直接触れて治すのではなく、筋骨系のゆがみが原因で起こる神経系の異常に対して施術を行ない、健康増進や自然治癒力を高めていく。筋骨に直接力を加えるため、身体の構造についての高度な知識と確かな技術が求められる。●必要とする資格:不要

家具工

家具工(カグコウ)

家具や建具を作る職人。実際には分業化が進んでおり、木工機械作業、組み立て作業、塗装作業、裁断・縫製作業、イス張り作業など、それぞれの持ち場で役割を担うケースが大勢を占める。さらに、家具には“和家具”と“洋家具”があり、それよって使用する機械や工具、工作方法も異なるため、職場が変わると対応できない人も珍しくない。昔ながらの家具職人として手作業で仕事をしている人は、長年の経験と技術によって、アーティスト的な造形美を追求する人も多い。●必要とする資格:不要

カスタマーエンジニア

カスタマーエンジニア(カスタマーエンジニア)

コンピューターユーザーの自宅に訪問し、保守・点検・修理などを行なう。仕事の分野がハードウェアとソフトウェアに分かれており、ハードウェア部門では、コンピューター関連機器の導入・据付や機能の拡張、操作指導など、コンピューターを安定して稼働させるための様々な作業を担当する。一方、ソフトウェア部門では、コンピュータープログラムやソフトウェア製品の導入・セットアップ・操作説明が主となる。コンピューターは進化が著しく早いので、どちらの部門でも常に新しい技術や情報を勉強し続ける必要がある。●必要とする資格:不要

型枠大工

型枠大工(カタワクダイク)

ビル建築で用いられる「鉄筋または鉄骨コンクリート工法」の中で、コンクリートを流し込む柱の型枠を作る役割を担う。そのため、施工図を作成したり材料の段取りを立てたり、測量を行なうなど高度な技能が求められる。ビル建築以外にも鉄道線路、橋梁、トンネル、地下道など比較的大規模な工事に携わる。型枠をはずしたあとは、墨出し作業をして、窓枠や天井などの位置、寸法などをコンクリート面に記入する。屋外作業が多く、体力的なタフさも求められる。●必要とする資格:不要

家庭裁判所調査官

家庭裁判所調査官(カテイサイバンショチョウサカン)

家庭裁判所に勤務し、様々な案件についての調査・報告を行なう。仕事内容は2種類に大別でき、離婚や相続など家庭内の紛争を扱う場合は、当事者宅に出向いて家庭環境を調査したり面談をして審判・調停に必要な報告書を作成したりする。感情的になって混乱している人に対しては、カウンセリングを実施することもある。一方、少年犯罪を扱う場合は、調査報告書を作成しつつ、当該少年対して面接やカウンセリングを行なう。どちらの場合でも審判や調停に立ち会い、司法的判断を助けることがある。●必要とする資格:家庭裁判所調査官補1種(国家資格)、家庭裁判所調査官(国家資格)

金型工

金型工(カナガタコウ)

生活用品、光学機器、医療器具、自動車部品など、様々な工業用品の生産に欠かせない金型を製作する。金型の種類によって製作方法や技術は様々だが、図面に基づいて機械加工し、組み立て、品質の確認をするといった一連の作業はほぼ同じとなる。そのため、基本知識をしっかりと養い、どんな製作にも対応できる技術を身に付ける必要がある。日本の金型の技術は世界でもトップレベルで、小さな町工場でも海外企業と直接取引を行なうところも珍しくない。●必要とする資格:不要

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター(カラーコーディネーター)

色彩が人々の心理に与える影響をもとに、商品に合ったイメージカラーや配色を考え、決定する役割を担う。色の特性や色同士の相関関係など、色を自在に操る知識が必要となる。対象は化粧品や食品などから、居住空間、さらには街づくりといった幅広いもののまであり、活躍の場は広い。また、化粧品の場合はメイクの知識、住環境の仕事の場合はインテリアデザインに関する知識、街づくりには建築工事など、むしろ主に従事する関連分野の知識が重要となる。●必要とする資格:1級〜3級カラーコーディネイター、1級〜3級色彩技能資格(民間資格)

環境アセスメント調査員

環境アセスメント調査員(カンキョウアセスメントチョウサイン)

道路やダム、工場といった大型施設の建設など、大規模事業が環境へ与える影響を調査する。そのため、環境・生物・バイオテクノロジーなどの分野に精通している必要がある。仕事内容は、現地に赴いたり資料をもとにして川や森林、生物の生育状況などを調べたりして、事業計画が環境に大きな影響を及ぼすと判断した場合は、それを回避するため提案を行なう。近年は、環境保全に対する意識が高まっており、開発事業の重要なポジションとして位置づけられている。●必要とする資格:不要

観光局スタッフ

観光局スタッフ(カンコウキョクスタッフ)

政府の観光局に勤務し、特定の国の観光窓口として活動する。具体的には、その国の観光スポットの紹介や現地での注意事項の提供、本国のスタッフへの問合せや折衝を行なうことなどが挙げられる。そのため、観光情報はもちろんのこと、観光客に分かりやすく説明する会話力や、現地の国の語学力が不可欠となる。メディアへの広報活動も仕事の一環として位置づけられており、効果的な宣伝技法も身に付ける必要がある。●必要とする資格:不要

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士(カンコウジセコウカンリギシ)

冷暖房工事、空調設備工事、給排水工事、衛生工事など、管工事の工程・品質・安全に欠かせないポジションとして位置づけられている。業務の内容は、取得している資格によって区分化され、2級資格取得者は現場の施工管理全般を任される。1級になると、工事に関する高度な応用能力を駆使して指導・監督を任される。一定の予算額以上の工事を請け負う場合は、1級の資格取得者がいなければならないため、建設会社からのニーズが高い資格となっている。●必要とする資格:管工事施工管理技士1級・2級(国家資格)

観光バスガイド

観光バスガイド(カンコウバスガイド)

観光バスに乗って、乗客に様々な観光地の説明をしたり、サービスを提供する。主な仕事内容は、バスに乗りながらの観光案内で、快適なバス旅行のための演出を行なう。そのため、車内では窓から見える景色や沿線にまつわる話をしたり、雰囲気を盛り上げるためのゲームの司会をしたりするなど、乗客を楽しませるためのエンターテインメント力が必要となる。さらに、観光地に着いたらコースの引率、車内清掃、ドライバーへの運転誘導など、多くの仕事を任される。●必要とする資格:不要

看護師

看護師(カンゴシ)

病気やけがの人に対し、血圧の測定から注射、手術のサポートなどを行なう。医師や臨床検査技師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、介護福祉士など、必要に応じて様々な職種と連携するため、医療チームの一員として位置づけられている。現代医療での看護師の役割は、救命救急や高度先進医療など医師の診断・治療を補助する役割が高まっている傾向にある。また、社会福祉施設や在宅ケアの担い手として、保険相談や健康管理を任されるケースも増えている。●必要とする資格:看護師免許・准看護師免許(国家資格)

管理栄養士

管理栄養士(カンリエイヨウシ)

栄養士の上級資格に当たり、主に医療機関に勤務することが多く、高度で複雑な栄養管理や栄養指導を行なう。病気療養者の好みや栄養状態を把握し、その上で予算や職場を監督するなど、実作業より指示・管理する仕事が主体となる。生活習慣病や食物アレルギーなどの増加、社会の高齢化の進展などに伴い、栄養面から健康をサポートする仕事としてそのニーズが年々高まっている。医療機関以外では、専門学校などで教師として働くケースもある。●必要とする資格:管理栄養士免許(国家資格)

ガーデンデザイナー

ガーデンデザイナー(ガーデンデザイナー)

庭園造りに際し、企画から提案、造園までのデザインを担当する。対象は一般住宅に限らず、リゾート施設や都市住宅、公共施設など広範囲にわたる。依頼主の希望を十分把握して、造園の方向性を探り、テーマを設定したりするなど、多角的な視点から決定していく。さらに、環境保護や癒しなど、空間作りにオリジナリティを求められることもある。勤務先は、ガーデンデザイン事務所、園芸店、造園関連の店舗・企業などがある。●必要とする資格:不要

外交官

外交官(ガイコウカン)

日本の政治の窓口として諸外国と交渉・調整をする公務員を「外務公務員」と言い、このうち海外で仕事をしている人を「外交官」と言う。海外の在外公館に勤務し、外交政策の企画・立案、通商交渉、条約の締結、経済協力、国際機関との協力といった交渉全般に関わる。また、旅券・ビザの発給、各種証明など個人を対象にした事務的な仕事もある。外交官に求められるのは、海外における日本の立場を考えながら、諸外国とより良い関係を保ち、国際交流を図ることにある。●必要とする資格:国家公務員Ⅰ種(国家資格)

画家

画家(ガカ)

独自の感性と表現力で絵を描き、それを売って収入を得る。日本画家と洋画家に分かれ、日本画家は墨など日本的な顔料を使って和紙や絹布に描き、洋画家は油絵具でキャンパスに描く。風景や人物、静物など対象となる題材は様々で、得意分野の絵を描いて職業とする。一般的には、公募展に出品して実績を作り、個展を開いて販売することで収入を得ることが多いが、企業などの依頼を受けて絵を描き、それを収入源とするケースもある。●必要とする資格:不要

学芸員

学芸員(ガクゲイイン)

美術館や博物館などに勤務し、展示物の収集や保管、調査研究などを行なう。考古学・文化史・歴史学・美術史など分野が広いため、専門分野に絞って仕事をしているケースが多く見受けられる。具体的な仕事内容は、標本・模写・模型・文献・写真など様々な資料を集め、それを整理すること。資料に関する調査研究も行ない、入場者に分かりやすいよう解説書や目録を作成することもある。また、文化財の発掘や動植物の収集など、屋外で活動することもある。新事実が判明したときのために、学会や学術誌で発表する機会も設けられている。●必要とする資格:学芸員(国家資格)

楽器リペアマン

楽器リペアマン(ガッキリペアマン)

楽器が壊れた時に、専門的に修理を行なう。楽器店や専門工房で働くのが、もっともポピュラーな勤務形態と言える。楽器には、管楽器・弦楽器・吹奏楽器など様々な種類があるため、多くの楽器に精通しておく必要があるが、ひとつの楽器を専門的に扱うケースがほとんどである。微妙な音色の調整を求められることが多いため、確かな音感を身につけなければならない。また、修理する楽器の部品の調達や取り付けなどで、作られた年代や特徴などの知識も必要となる。●必要とする資格:不要

ガラス工芸家

ガラス工芸家(ガラスコウゲイカ)

花瓶やコップ、皿、小物雑貨など、ガラスを使った工芸品を作る。仕事内容は2種類に大別でき、一つは高温に熱したやわらかいガラス素材に息を吹き込んだりして成形していく「ホットワーク」。もうひとつは、成形されたガラスをカットしたり彫刻したりして装飾する「コールドワーク」がある。近年ではガラス工芸教室で、観光客に作り方を指導するケースも増えている。どれもガラス工芸家として一人前になるには、ガラス工房に弟子入りして技術を身につけるか、メーカーに就職して経験を積むことが多いものの、短くても5年以上の年月が必要と言われている。●必要とする資格:不要

機械組立工

機械組立工(キカイクミタテコウ)

機械生産現場で、図面に従って様々な機械を組み立てる。その工程は細分化されているものの、大別すると工作機械などを使用して機械部品を生産する工程と、その部品を合わせて1台の機械に組み立てる工程がある。その他には、組み立てた機械が予定通りの性能を発揮し、正しく作動することを確認・検査する工程もある。顧客に納品する際には、立ち会い検査を行ない、場合によってはその場で改造や修理を実施することもある。●必要とする資格:不要

騎手

騎手(キシュ)

競馬の花形とも言える職業で、競走馬に乗ってレースをする。レースの無い日は、早朝から繰り返し調教を行なったり、自身のトレーニングで体を鍛えたりなど、地道な努力が欠かせない。また、体重のコントロールに失敗すると騎乗できなくなり、ペナルティを課せられることがあるため、コンディションを整えることも重要。競走馬には調教師、調教助手、馬の世話をする厩務員など、数多くの人々がかかわっているため、そうした人たちとうまく連携していくことも適性の一つと言える。●必要とする資格:騎手免許(国家資格)

気象予報士

気象予報士(キショウヨホウシ)

気象庁から提出される気象データをもとに、気象予報を行なって解説したり発表したりする。官庁・自治体・報道関係などで天気予報を行なう。特に、台風や気象が大きく変わるなど災害が予測される場合は、防災なども呼びかける。また、交通機関や流通関係の企業、イベントなどでは、天気によって状況や成果が左右されるため、気象予報を利用する機会が増えており、気象をビジネス展開している企業もある。このため、気象予報士の活躍するフィールドは広くなっている。●必要とする資格:気象予報士免許(国家資格)

キャディ

キャディ(キャディ)

ゴルフ場で、プレイヤーと一緒にコースを回り、プレーの進行をサポートする。通常の勤務の流れは、早朝に受け持つお客様を割り当てられ、時間になるとティーグラウンドに行き、1〜4人のお客様を引率する。プレーの間は、ボールの行方を見たり、ゴルフカートを操作したりするだけでなく、グリーン上の芝目や風向き、ゴルフクラブの選び方などのアドバイスも行なう。そのため、ゴルフの知識も重要で、ルールも熟知しなければならない。プレーが終われば、クラブの清掃やゴルフクラブの確認などをして終了となる。多くはゴルフ場に勤務するが、ツアープロと契約を結んでゴルフトーナメントに同行するキャディもいる。●必要とする資格:不要

CADオペレーター

CADオペレーター(キャドオペレーター)

CADとは、Computer Aided Designの略で、製図ソフトのこと。CADオペレーターは、このソフトを使って建物や製品などの設計図を作成する。手書きの図面をコンピューターに入力し、様々な角度からの図やデータを作成する。制作したCADデータの修正や保管管理なども行なう。また、平面の設計図をもとに立体図に組み替えるなど、CADから派生する専用ソフトを使うこともある。建設会社や製造メーカー、デザイン関連会社などで活躍し、技術を磨いてより高度な製図を作成する。●必要とする資格:不要

救急救命士

救急救命士(キュウキュウキュウメイシ)

普段は消防署で待機し、出動要請があると救急車で現場へ向かい、患者や被災者を乗せて病院へ搬送する。場合によっては医師の指示を受け、その場で酸素吸入器による酸素投与、心停止の際に徐細動器による徐細動などの応急措置、さらには輸液や器官内チューブによる気管確保など医療行為を行なうこともある。搬送先の病院に着いたら、患者の状態を報告したうえで身柄を引き渡す。救急患者の救命率は年々向上しており、医療界を支える役割が高まっている。●必要とする資格:救命救急士免許(国家資格)、消防職の公務員

厩務員

厩務員(キュウムイン)

競走馬が所属する厩舎に勤務し、馬の調教や管理をする。調教師の指示を受け、担当馬を任されるスタイルが一般的と言える。その馬が最高の状態でレースに出場できるよう、ウォーミングアップや体調管理などを任される。馬の状態によって飼い葉のメニューも考える。直接騎乗して調教を行なうことはないものの、上級資格の調教厩務員は調教で騎乗することが許されている。飼育知識と馬に対する愛情が必要で、経験によって培われていく。●必要とする資格:競馬学校卒業資格

義肢装具士

義肢装具士(ギシソウグシ)

事故や病気などが原因で、手や足などを失った人が使う義手や義足を「義肢」、マヒや病気などで身体機能を失った人が使う医療器具を「装具」の両方を製作する。製作では、採寸から始まり、身体に合ったモデルを作り込み、患者の低下した身体機能をきちんと補えるようにする。また、着用での問題点などを直接聞き、細部を調整したり修理したりする。近年では材質の進化もあり、軽量化やコストなどを考えながらの製作が求められる。●必要とする資格:義肢装具士免許(国家資格)

行政書士

行政書士(ギョウセイショシ)

依頼主の代理人として、官公庁に提出する書類の作成や手続きを行なう。自動車登録や車庫証明書といった個人の書類や、法人設立の申請書や営業許可の申請書などの法人関係書類、外国人の出入国書類、各種契約書、告訴状など、取り扱う書類は1万種以上あると言われている。そのため、専門分野に特化して取り扱う事務所が多い。開業するために、必ず行政書士事務所として事務所を設置しなければならない、という規定が設けられている。●必要とする資格:行政書士免許(国家資格)

空間デザイナー

空間デザイナー(クウカンデザイナー)

店舗やアーケードなどの商業空間、一般住宅などを対象に、それぞれの空間をデザインする。商業空間の場合、そこに行き交う人々の動きや心理を想定しながら、売り場の構成や演出、商品の陳列などについて考える。このため、広範囲の知識が求められる。一方、一般住宅を含む生活空間の場合は、そこに住む人の希望に応じて快適性やデザイン性を重視する傾向にあるため、インテリアデザインの要素が大きくなる。デザイン事務所で経験を積んだあと、独立して働く人も多い。●必要とする資格:不要

クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザー(クッキングアドバイザー)

家庭で使用する調理器具の販売促進を目的に、調理方法のアドバイスや情報提供をする。調理の実演をしながら製品をPRし、その場で販売するスタイルが主流となっている。スーパーやデパートが主な職場だが、グループが集まった家庭に訪問して実演することもある。調理技術だけでなく、上手にPRできるかが販売に大きくかかわるため、パフォーマンスも重要となる。経験を積んで料理教室の講師になったり、PR用資料の作成に携わったりなど、様々な道が開かれている。●必要とする資格:調理師免許(国家資格)

靴製造工

靴製造工(クツセイゾウコウ)

革靴・布靴・ゴム靴などの靴のうち、皮革製の靴を作る。製造過程が主に5部門に分かれており、それぞれの役割で仕事内容は異なる。「デザイン・設計部門」では、靴の甲の部分の型を作る。「裁断部門」では、皮革を裁断し、「縫製部門」では裁断されたパーツをミシンで縫い合わせる。「釣り込み・底付け部門」では、甲部と底材料を接着させたり縫い付けたりする。「仕上げ部門」では、かかとの不要な部分を削るなどして最終的な仕上げを行なう。熟練者は全工程を一人で受け持ち、オーダーメイドに対応している。●必要とする資格:不要

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー(グラフィックデザイナー)

チラシやパンフレット、ポスター、商品パッケージなど、主に広告に関する平面のデザインをする。仕事の流れは、まずクライアントと打ち合わせをしてデザインイメージを想起し、それに写真やイラスト、文章などを入れて、最終形にしていくというもの。以前は手作業で行なっていたが、近年ではコンピューターソフトを使っての制作が主流となっている。そのため、デザインセンスとともに、コンピューター操作能力が重要視されている。●必要とする資格:不要

グランドスタッフ

グランドスタッフ(グランドスタッフ)

主に空港のカウンターで、乗客が飛行機に乗るときと到着後の業務を担当する。具体的には、搭乗手続きや誘導・整理、手荷物の受け渡し、パスポートの確認などがある。場合によってはカウンターを離れ、空港内で困っている人の案内も行なう。どんな事態にも冷静に対応できる判断力や行動力が求められる他、海外旅行者にも対応できるだけの語学力は必要とされている。また、空港内を歩き回ったり重い荷物を運んだりするため、体力的な負担も少なくない。●必要とする資格:不要

グリーンコーディネーター

グリーンコーディネーター(グリーンコーディネーター)

オフィスや商業施設、イベント会場、ホテルなどの室内空間に、観葉植物を取り入れて演出する。植物の選択やレイアウトなど、総合的な感性と確かな知識が必要となる。園芸店や造園会社のスタッフも同様の業務をしますが、グリーンコーディネイターの場合は、ファッション性や細かいサービスを提供することで差別化を図っていることが多い。また、植物の育て方や性質、メンテナンスの注意事項など、専門的な立場からのアドバイスも行なう。●必要とする資格:不要

ケースワーカー

ケースワーカー(ケースワーカー)

病人や身体障害者、一人暮らしの高齢者、またはそれらの人を介護している家族など、様々な理由で生活に困っている人の相談に乗り、法的援助を受けるための手続きを行なう。職場は、地域の福祉事務所や児童相談所、老人保健施設などがある。医師や介護福祉士などと連携しながら、相談者の話を聞き、最善策を提案していくのが主な業務となる。援助が始まっても、家庭訪問をするなど仕事は続くことが多い。そのため、勤務時間内に仕事が終わらないこともしばしばある。●必要とする資格:社会福祉主事(任用資格)

警備員

警備員(ケイビイン)

人の生命や財産を守ることが大前提の仕事となる。そのため、建物の内外や人が集まる場所などで、事件の発生や事故を防ぐ活動を行なう。警備の種類は、銀行や商業施設などで盗難を防止するための警戒をしたり、道路工事などで通行をスムーズに誘導したり、現金や美術品を運搬する他、無人の施設のセキュリティーのために基地局で監視・待機したり、要人を警護するなど多種多様にある。あらゆる事態を予測し、状況に応じての的確な判断力、迅速に対応できる行動力が重要視される。●必要とする資格:不要

刑務官

刑務官(ケイムカン)

刑務所・少年刑務所・拘置所に勤務し、収容者の指導や管理を行なう。具体的には、生活の管理・監督業務、職業訓練・更生のための指導などで、円滑な社会復帰を促すことが目的となる。責任の重い役目のため、強い情熱や使命感・高い倫理観が求められる。また、監獄法・刑法・刑事訴訟などの法律、心理学・教育学などの知識も必要となる。さらに、同僚とチームを組んだり検察庁・保護観察官などの他職種の人たちと仕事を進めたりすることが多く、協調性や社交性なども求められる。●必要とする資格:刑務官(国家資格)

検察官

検察官(ケンサツカン)

警察と協力し、強盗・殺人・汚職などの刑事事件の捜査を行ない、最終的には被疑者を起訴するか不起訴にするのかの判断を下すことが大きな役割。その過程において、裁判に提出する証拠を集めたり、証言者の選出を行なったりするなど、地道な業務が大半を占める。裁判になった場合は弁護人と論争を展開し、実刑判決が下ると刑の執行を指揮する。膨大な量の法律知識の他、裁判では機転を利かせる思考力、激務に耐えられる体力などが不可欠となる。●必要とする資格:司法試験合格、司法修習修了

建設機械オペレーター

建設機械オペレーター(ケンセツキカイオペレーター)

ブルドーザー、パワーショベル、クレーン、杭打ち機など、建築・土木工事に欠かせない工事用機械や車両の運転操作と安全管理を行なう。扱う機械は重量が1トン未満のものから100トン近いものまであり、いずれも事故を起こさないよう細心の注意を払って操作する必要がある。また、作業に関する管理責任も問われるため、メンテナンス業務も重要となる。以前は、男性特有の職種だったが、近年は女性のオペレーターも増加している。●必要とする資格:各特殊運転免許取得

建築士

建築士(ケンチクシ)

あらゆる建築物の企画・設計、及び工事の管理を行なう。依頼者の要望を自分のセンスで形にする、というやりがいを感じることができる仕事と言える。ただし、その内容は法律に基づいた設計や、建築書類の作成・申請、調査鑑定など幅広く、あらゆる面で高度な能力が求められる。一般住宅など小規模な建築物を扱う場合は2級建築士資格、500平方メートル以上の大型建造物を扱うには1級建築士資格取得者でなければならないという規定がある。●必要とする資格:1〜2級建築士(国家資格)

ゲームプランナー

ゲームプランナー(ゲームプランナー)

新しいゲームの企画を立て、構成やキャラクターを創り出す仕事。どのようなゲームが売れるのかを常に考え、複雑な設計や様々な仕掛けを生み出す能力が必要となる。それらのアイデアを実際に商品にするまでまとめ上げるため、ゲームに関する深い知識も持っていなければならない。さらに、どんな作品がヒットしているのか、次はどんな作品が求められているのかなど、日ごろから市場調査を積極的に行ない、そのデータをもとにした適切な企画力が求められる。●必要とする資格:不要

芸能マネージャー

芸能マネージャー(ゲイノウマネージャー)

主に芸能プロダクションやタレント事務所に所属し、タレントをテレビ局や映画関係者、音楽関係者、広告代理店などに紹介して積極的に売り込みを行なう。一方で、ギャランティーの交渉やスケジュール管理などをしたりする。体力が要求されると共に、緻密な洞察力や担当タレントとのコミュニケーション能力なども必要とされている。一人で多くのタレントを担当することもあるので、スケジュールの調整能力も求められる。勤務体系は、タレントの人気によって左右されやすい。●必要とする資格:不要

言語聴覚士

言語聴覚士(ゲンゴチョウカクシ)

身体的機能による問題で、言葉によるコミュニケーションがとれない人を対象に、リハビリを行なう。摂食障害など、食べることが不自由な人のためにサポートすることもある。仕事は、医師・看護師・理学療法士・介護福祉士などと連携することが多く、チームを組んで一人の患者に接することが基本となる。対象者は、生まれつき障害を持つ幼児から脳卒中などでマヒを抱える高齢者まで幅広い年代層に広がっている。言語障害の本質やメカニズムを研究する職場を活躍の場とすることもある。●必要とする資格:言語聴覚士(国家資格)

航海士

航海士(コウカイシ)

船舶に乗って、安全で円滑な航行を確保する役目を担う。1等から3等まで資格があり、それぞれ職域が決められている。3等は航海当直・各種設備の保守点検などで、2等は航海計画の立案、海図の管理などに加え船長と相談して目的港までの航路を決定する。1等になると、甲板部の統括者として作業者の監督や貨物の管理、船体の整備など、さらに重要な役割を任される。船長が不在のときや業務ができないときなどは、その役職を代行することもある。●必要とする資格:1等〜3等航海士(国家資格)

公認会計士

公認会計士(コウニンカイケイシ)

企業などが作成する財務書類や財務情報を監査する役割を担う。公正かつ信頼性を確保するため、独立した立場が約束された職業でもある。その目的は、投資者や債務者を保護し、経済の健全な発展に寄与するというもの。公認会計士が公共性の高い業務を徹底させることで、資本主義経済の基盤を保ち、最終的には国家全体の健全性を保つこととなる。そのため、厳密に監査する正義感や、専門家としての高い知識が必要とされる。●必要とする資格:公認会計士(国家資格)

広報スタッフ

広報スタッフ(コウホウスタッフ)

企業の広報部門に属する仕事で、対外的に企業情報を発信する。パブリシティーの発行やIR情報の提供など、企業全体の広報を行なう。企業の広報活動の窓口となるため、企業に関する質問などがあった場合に返答したり、記者発表の運営管理を実施したりするなど、企業と社会のパイプ役を担う。そのため、企業の経営理念や運営方針、商品知識など会社全体の情報を把握しておく必要がある。また、その企業の顔としてのコミュニケーションスキルも重要となっている。●必要とする資格:不要

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。