施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

ホームメイト上場企業・優良企業リサーチ

上場企業情報

家を購入される方へ



人生で最も大きな買い物と言われる住宅。「知らなかった…」と言うことがないよう、しっかりと勉強しておきましょう。

情報収集のポイント

住宅を購入するチャンスは、人生のうちで何度もあるものではありません。それだけに、家を購入しようと決意したら、まずは必要な情報にできるだけ多く触れることが大切です。

情報収集の不足で後悔しないよう、様々な視点から検討するようにしましょう。

多様なチャンネルでの情報収集を心掛ける

面倒がらずにコツコツと情報収集することが、後悔しない住宅購入につながります。

新聞に折り込まれるチラシや住宅情報誌の他、インターネット上でも多彩な情報収集が可能です。

住宅購入の体験談が数多く掲載されているサイトなどで、業者サイドから発信される情報とは異なる角度から検討するのも良いでしょう。

将来のライフプランを見据える

将来のライフプランを見据える

失敗が許されない住宅購入だけに、将来のライフプランを踏まえた慎重な計画づくりが必要です。

自分や家族がこの先どんな暮らしを築いていくかによって、どんな住まいを購入するかの計画づくりだけでなく、最適な購入時期やローンの返済プランなど資金計画の立て方も変わってきます。

ご自身のライフプランを思い描きながら、それに沿って必要な情報の取捨選択を行なっていきましょう。

無理のないライフプランを立てる

最近では、ローンの返済プランなど資金計画を立てる際には、ファイナンシャルプランナーの活用も見逃せません。自分では最善のマネープランを立てたつもりでも、専門家の目から見ると、まだまだ改善できる場合もあるようです。

無理のないマネープランかどうかをチェックしてもらうためにも、一度しっかりとしたライフプランを立てて、これからの人生をシミュレーションしてみましょう。

住宅を買う場合、つくる場合の違い

住宅を入手する際には、建売住宅やマンションを購入する場合と、注文住宅あるいは売建住宅のように自らのプランをもとにつくる場合があります。

住宅購入の際には、それぞれのメリット、デメリットを比較検討し、将来のライフプランも考慮に入れて選択していくようにしましょう。

住宅を買う場合

住宅を買う場合

マンションや建売住宅は、すでにある建物を実際に見て、触れて、原寸大でスケール感を体感できます。実物を確認することは、後悔したくない、一生の買い物である「家」を購入する決め手となり得ます。

また、すでに建物が建っているのですぐに入居が可能です。注文住宅より安価で、多くの人に受け入れられる間取りと設備、デザインをかね備えています。

ただし、それが必ずしも自分たちにとって、使い勝手が良いとは限らないので、譲歩できる範囲かどうか見極める必要があります。場合によっては、改めてリフォームするなどの予算計画が必要になることも考慮しましょう。

ポイント
住宅を買う場合の一番の問題は、完成した建物なので建築工事内容を自分でチェックできないことです。最近では、売主に瑕疵(かし)担保責任を問うことができますから、購入時には必ず契約書を確認しましょう。

住宅をつくる場合

住宅をつくる場合

住宅をつくる最大のメリットは、ライフスタイルに合わせた間取り、デザインが可能な点です。自分や家族のこだわりや思い入れが細部にまで詰まった家を実現させることができ、設備も必要なものだけ選べます。

ポイント

住宅をつくる場合の一番の問題は、完工までには時間がかかり、業者との打ち合わせに時間を取られたり、プランを練る多大な労力が必要となることです。

また、いくら必要な設備だけの家づくりを心掛けても、オーダーメイドの家づくりはコストが高くなりがちです。

土地の購入費用もありますから、無理のない資金計画を立てるだけの余裕が必要と言えるでしょう。

新築、中古のメリット・デメリット

人生でもっとも大きな買い物と言われる住宅だからこそ、住まい選びは慎重に行ないたいものです。

都市開発で拓かれた新築住宅、歴史ある住宅街の中にある中古住宅、最新設備の新築マンション、交通の便の良い中古マンション。

新築マンションや中古マンションをひとつとっても、表裏一体であるそれぞれにメリット・デメリットがあります。

ライフスタイルに合った、後悔のない住宅選びをしましょう。

新築の場合のメリットとデメリット

新築の場合のメリットとデメリット

新築の場合、なんと言ってもメリットは建物、部屋がきれいで、設備も最新型のものを使用できる点です。そのままの状態で入居でき、メンテナンスもほぼ必要ありません。

デメリットとしては、中古に比べて購入価格が割高になり、ローン負担も大きくなる点が挙げられますが、その反面、税制面でも優遇を受けやすく、住宅金融支援機構などのローンを長期に渡って組むことが可能です。

また、新しい住宅地に建てられることが多いため、駅から遠いなど多少不便な場所になりがちですが、自然に囲まれた環境は子育ての場として最適であるとも言えます。

中古の場合のメリットとデメリット

中古の場合のメリットとデメリット

中古の場合、まず購入価格が新築に比べて安価であることが挙げられます。

ただし、住宅ローンの返済期間が短く、税制面では多少不利な条件となります。中古物件のメリットとしては、現物を確めてから購入でき、即入居が可能という点が挙げられます。また中古であるだけに、場合によっては後々リフォームが必要になる場合もありますので、築年数や耐用年数についてはしっかりとチェックしましょう。

この他、中古物件の場合、新築と違って周辺環境の整備が進められていることが多いので、利便性が高いといったメリットを持っています。

手持ち不動産の売却は?

「現在住んでいるマンションを売却して、新たに一戸建てを新築したい」、あるいは「より都心に近い利便性の良い場所に住み替えたい」といった場合に、手持ち不動産の処分が必要となります。

手持ち不動産の売却に必要な手続きや費用などを見ていきましょう。

手持ち不動産をより高く、早く売るには?

手持ち不動産をより高く、早く売るには?

土地・不動産の価格が低落傾向にある現在。手持ち不動産を売却するためには、それなりの努力と思い切りが必要になります。早く売るためには、他の競合物件よりも相対的に安い価格を付けることが早道です。

その一方で、高く売るための努力も必要です。

内外装が適度に維持されているか、水まわりが清潔に保たれているか、嫌な臭いが屋内にこもっていないか、庭やエクステリアが適度に手入れされているかなどをチェックします。問題があれば改善の手段を講じ、物件価値のアップにつなげましょう。

売却にかかる税金や諸費用は?

手持ち不動産を売却した場合には、確定申告が必要です。確定申告をすることで、住宅を買い替えた場合などに適用される特別控除により、税金の還付が受けられることがあります。詳しくは税務署、税理士などにご相談下さい。

また、不動産の売却自体に様々な諸費用がかかってきます。不動産業者などに売却を依頼した場合は媒介手数料が、住宅ローンが残っている場合は、売却代金でローン繰上げ返済をする際の手数料が発生します。

他にも、ローンの完済と同時に抵当権の抹消を行なう費用や家を売る売買契約書の印紙代、あるいは土地売却に際して測量が必要な場合の費用、買い換えの場合の引越費用などもあります。資金計画を立てる際には、それぞれがどんな仕組みになっているのか事前に把握し、十分考慮しましょう。

関連お役立ちコンテンツ

競売・公売物件を探す手も

住宅を安く入手できる手段として、競売・公売物件を探すという手もあります。ただし、競売・公売物件として市場に出ている以上、何らかのトラブルを抱えていることを念頭に置いておきましょう。

ローコストであるもののハイリスクが伴いますから、独学で入札に参加せずに、不動産業者や弁護士などの専門家に相談してから参加するようにして下さい。

競売物件、公売物件とは

競売物件、公売物件とは

住宅ローンを組んで家を購入したけれども払えなくなってしまった場合、債権者側である金融機関は抵当権を実行し、裁判所に申し立てます。このようにして差し押さえられた不動産を競売物件と言います。

競売物件は土地だけでなく建物もついてくる場合が多く、占有者がいる場合もあります。それに対し、公売物件は、主に相続税などが払えず土地などで物納され、それを競売にかけられた物件を指します。

競売・公売物件の多くは、一般の市場価格より安い分、権利関係が複雑になっていますから、そのリスクを含めた資金調達が必要です。

メリット・デメリットは

メリット・デメリットは
メリット
  • 通常の取り引きに比べて格安の物件が多い。
  • 通常ではなかなか売り出されない好条件の物件が出る可能性もある。
  • 裁判所や財務省などの公的機関と取り引きするので、安心感がある。
デメリット
  • 建物がある場合に、その中まで確められないことが多い。
  • 落札後、一定の期日までに支払いができないと保証金も戻ってこない可能性がある。
  • 瑕疵(かし)担保責任が追及できず、何らかの障害があっても買い主の負担になる。
  • 占有者がいる場合に立ち退き料が必要になったり、時間がかかったりする。

競売・公売物件を探す

競売物件・公売物件の情報は、「購入したい物件所在地を管轄する裁判所」や、各地方自治体より得ることができます。

最近では裁判所や民間業者の運営するホームページで、競売物件・公売物件の情報が公開されており、ホームページ上より物件の検索が行なえます。

ホームページのURLは以下の通りです。

BIT

全国主要裁判所毎に競売物件の情報が閲覧できます。

URL:http://bit.sikkou.jp/

全国裁判所の詳細情報

期間入札を実施している裁判所の一覧が閲覧できます。

URL:http://www.keibai.co.jp/saibannshojyouhou/saibannsho/index2.htm