ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

個人向け国債とは



日本国債では、個人投資家のみを対象とした国債を「個人向け国債」として発行しています。一般的に国債に投資をしているというのは、この個人向け国債のことを指しています。

定額預金よりも利回りがよく、安全性の高い個人向け国債

定額預金よりも利回りがよく、安全性の高い個人向け国債

個人向け国債は、正式には「個人向け利付国庫債券」と言い、固定金利タイプと変動金利タイプがあり、固定金利の場合には3年満期と5年満期、変動金利の場合は10年満期と期間が決められています。いずれも国が半年ごとの利子と満期時の元本支払いを約束しているので、財政破綻でもしない限り元本割れしないので極めて安全性の高い金融商品として、初心者の人でも安心して投資できます。その安全性の高さから、定期預金と同様の感覚で個人向け国債を購入する人も少なくありません。

個人向け国債の購入ポイントを以下に挙げてみましょう。

定期預金として利用
国債は定期預金よりも利率が良いので、定期預金の代わりに預けることができます。
将来のために預金
国債は、原則1年以上経てば、一部利息を返金しての中途換金が可能です。
初心者投資家に最適
株式やFXといったリスクの大きな金融商品については、手を出しづらい人や1万円から購入できるので少額投資派の人にも向いています。
投資におけるリスクヘッジとして利用
投資に慣れた人でも、株式などのリスクの高い投資をするだけでなく、資産を分散してリスクを軽減するために国債を利用する人も多くいます。

個人向け国債の商品を比較しよう

個人向け国債の商品を比較しよう

安全性も高く、金利も定期預金よりも良いとなれば、国債を買ってみたいと思う人も多くいることでしょう。ここでは各日本国債を商品別に紹介します。

変動金利型10年満期「変動10」
利率が半年ごとに見直される「変動金利制」を採用した国債です。金利が下がる可能性がありますが、基準金利を0.66%と固定金利型よりも高く設定しています。発行月は7月、10月、1月、4月の年4回。
固定金利型5年満期「固定5」
発行時に設定された利率が満期まで変わらない固定金利制で、「基準金利-0.05%」となっています。発行月は7月、10月、1月、4月の年4回。
固定金利型3年満期「固定3」
発行時に設定された利率が満期まで変わらない固定金利制で、「基準金利-0.03%」となっています。発行月は毎月。

いずれも、発行から1年が経過すれば、いつでも換金できるという特徴がありますが、その際には一定の算式にしたがって、利息を一部返金することになります。