ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

FXの取引方法



FXでの取引は、買った外貨を売り、売った外貨を買い戻すことがワンセットとなり1回の取引となります。また、売ることからスタートすることも可能です。

ポジションとは

ポジションとは

FXでは、新規の取引を開始することを「ポジションを持つ」または「建玉を保有する」と言い、通貨を買ったときには「買いポジション(買い建玉)」、売ったときには「売りポジション(売り建玉)」と呼びます。FXでは、「ポジション」を保有するために「注文」を出すことからスタートします。基本的な注文の流れは、まずFX会社のホームページからログインをし、次に、どの通貨とどの通貨で取引をするのか(通貨ペア)を選択します。そして、取引金額を入力し、「売り」か「買い」を選ぶことになります。

基本的な注文の出し方は3通り

基本的な注文の出し方は3通り

FXの基本的な注文方法には、株式投資と同様に「成行」「指値」「逆指値」の3通りがあります。

成行
レートを設定せずに現時点の為替レートで注文を出す方法で、最も一般的な注文方法です。確実に売買が成立するという点が長所ですが、値段を指定しないので、約定後の取引額が判明しないという短所があります。
指値
現在のレートよりも「安くなれば買う」「高くなれば売る」というレートを設定する注文方法です。そのレートになったら約定させる注文方法です。ただし、レートが希望額に達しない場合には約定しないので、いつ利益が上がるかが分かりません。
逆指値
現在のレートよりも「高くなれば買う」「安くなれば売る」というレートを設定する、指値注文の逆の方法です。一見すると不利になる注文方法ですが、為替相場の上り調子となる初めの方に設定することで、より大きな利益を目指す方法で、逆に下降気味になったときには、下降した初めの方に売却できるので、損切りも最小限に食い止めようとする注文方法です。

もっと便利な注文方法も利用できる

もっと便利な注文方法も利用できる

FXでは、上記の注文方法の他に、IFD(イフダン)注文、OCO(オーシーオー)注文、IFO(アイエフオー)注文という3つの自動売買のシステムもあります。FXでは、システムトレードと呼ばれる自動売買などの様々な注文方法ができるところが特徴です。そのため、忙しい人や初心者でもFXに投資することができるという点が、他の投資商品とは違うところだと言えます。

IFD注文
2つの指値を同時に注文する方法で、最初の注文が約定したら、あらかじめ注文してあるもうひとつの注文が自動的に行なわれるという注文方法です。
OCO注文
レートが高くなったら売り、レートが下がったら買いといった2つの注文を同時に出し、相場の動きが有利な条件の方で約定させる注文方法です。どちらかが約定すれば、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。
IFO注文
IFDとOCOを組み合わせた注文方法で、新規の指値注文が約定したときに、OCO注文が発動されるようにできるので、新規の指値注文、利益が確定したときの指値注文、損切りしたいときの逆指値注文の3つを同時に注文することができます。