ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

トレード方法の決め方



FXでは、注文及び決済のタイミングを自分で決められるところが便利だと言われていますが、いざ、トレードを始めようと思ってもどのように運用していくかを迷う人が多いようです。ここでは、トレード(運用)の仕方の基本的なコツを紹介致します。

短期トレードで運用するか、長期トレードで運用するか

短期トレードで運用するか、長期トレードで運用するか

FXは自分で運用スタイルを自由に決めることができるので、逆にどのようなトレードのスタイルでいくかを迷う人も多いようです。そこで、ひとつの指針となるのが、「短期」で運用するか「長期」で運用するかをまず決めるということです。

短期トレードの場合は、デイトレーダーに代表されるように、ほぼ毎日(ときには毎時)のように、為替チャートに向き合わなければいけないため、副業で行なうにはあまりにも時間が取られます。また、長期トレードの場合には、決済のタイミングが図りづらいという一面もあります。これは、ライフスタイルによって人それぞれですので、自分にあった運用期間をじっくりと考えてみると良いでしょう。

FXのトレード方法における4つのキーワード

FXのトレード方法における4つのキーワード

FXでは運用期間別に、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「ポジショントレード」の4つのスタイルがあります。

スキャルピング
数秒から数分単位で売買を繰り返す超短期トレード方法です。数秒単位でも売買を行なうため、1回ごとの利益は薄いですが、それをたくさん繰り返すことで、積み重ねていくトレードです。瞬発力と判断力がモノを言い、1回の取引としては最短のトレード方法と言うことになります。
デイトレード
1日の値動きで取引を完結させるトレード方法です。値動きの目標値を自分で決めながら、最適なところで利益を確定させる方法なので、こちらもまた、常時、為替相場をチェックしておく必要があります。
スイングトレード
数日から数週間を保有期間とする中期的なトレード方法です。期間を長く持つことで、どこかで大きな値動きが発生することになりますが、その大きな値動きを利用して差益を得る方法です。デイトレードのように数十銭単位で売買を繰り返すのは無理だが、数円単位での利益を最大化したいという人に向いています。
ポジショントレード
数週間から数ヵ月、ときに数年単位で取引をする長期的なトレードです。長期間保有することで取引通貨の人気が変動し、値段が大きく上下する「トレンド」の発生を待つスタイルです。そのため、メジャーな通貨で運用する人が多い傾向にあります。

FXでは、売りと買いの2つの取引があるので、人気のある通貨はよく買われ(値が上がり)、マイナーな通貨はよく売られる(値が下がる)という点も知っておきたいところです。