ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

FXの仕組み



FXはよく「小さな資金で大きな取引が可能」というのが宣伝文句となっていますが、実際のところ、どういう仕組みでそんなことが可能なのでしょうか。

証拠金を担保に大きな取引

証拠金を担保に大きな取引

FX(外国為替証拠金取引)は、小さな資金で大きな取引をできるところが魅力とされています。これは証拠金という制度を利用できる、FXならではの投資法です。証拠金は保証金とも言い換えることができます。例えば、米ドル建てで外貨預金を考えている人の場合、1ドル=100円のときに1万ドル預金するには、100万円の資金が必要となります。しかし、FXの場合では、1万ドルを買うために必要なお金を、とても安く売買できるシステムにしています。FX会社によって保証金の金額は変わってきますが、1万ドルの場合でも約10万円程度の保証金を納めれば取引が可能になります。

FXとは借金を背負うこと?

FXとは借金を背負うこと?

FX会社に10万円を証拠金として預け、「レバレッジ」(詳細は後述)が10倍に設定された場合は1万ドルを買うことができます。そのとき1ドル=100円だったとしたら、投資家の口座には、証拠金10万円と1万ドル(100万円分)が入金されることになります。その後、1ドルが101円になったときに、1万ドルを売却すれば、101万円が手元に入り、借金である100万円を返済することになるので、利益が1万円出て、証拠金は11万円となります。ただ、逆に1ドルが99円となった場合には、損失が1万円出ることになるので、証拠金が9万円に下がります。証拠金は銀行口座の預金と同様に引き出すことが可能ですから、利益ができたときに引き出せば、儲けが出るということになります。

これが普通の外国為替取引ならば、10万円を換金したら、1000ドルとなり、1ドル=101円となったとしても10ドル(=1000円)の儲けにしかなりません。

このように10万円程度の保証金を預ければ、大きな金額を取引できるので利益を出しやすいというのがFXの仕組みですが、分かりやすく言えば、証拠金を担保にして「借金」をする状態に似ているので、運用には注意が必要となります。

ただし、初心者でレバレッジが10倍となる人は少なく、実際には2~5倍程度で運用される場合が多いので、レバレッジの設定が極端に高くならなければ、それ程大きな損失は出ないと言えます。というのも、例えば、1ドル=100円だった為替が1日で110円になるというようなことは、ほとんどなく、平常時であれば1日に数十銭あたりで動いているので、よほど大きな金額を投資しなければ、副業程度に運営できます。そういう意味では、損失の金額が証拠金の範囲内で収まっていれば、"借金を背負った"というところまでには至らないでしょう。