ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

REITとは



投資信託では、不動産を対象としたREIT(リート)という投資信託があります。リートは米国での呼称で、日本版リートは「J-REIT」と表現されますが、一般的に「リート」と呼ばれるのは「J-REIT」のことを指します。

ミドルリスク・ミドルリターンとされるリートの魅力

ミドルリスク・ミドルリターンとされるリートの魅力

リートは、多くの投資家から集めた資金でビルや住宅、商業施設、マンションといった不動産を購入し、賃貸収益や売却益などを分配する不動産投資信託です。証券取引所に上場される証券としては株式と同様の性格を持ち、証券会社を通じて購入することができます。債券程の安全性はないが、株式程のリスクもなく、利回りの点でも債券よりも高利回りが期待できるとして、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と言われています。

不動産はもともと、投資金額が大きい割りに市場が小さく、投資期間は長期にわたる上に分散投資によるリスク軽減を図りにくい資産でした。そこで、不動産を証券化することで、大きな額じゃなくても投資をしやすくし、長期間じゃなくても換金できるようにしたのがリートです。

リートの仕組み

リートの仕組み

リートは、不動産への投資を目的とした「投資法人」という特別の法人を設立します。リートは不動産の投資会社のようなものだと考えれば分かりやすくなりますが、この投資法人は、株式会社の株のように「投資証券」を発行し、株式と同様に証券取引所に上場されます。上場されるため、多くの投資家が証券会社を通じてこの投資証券を購入しやすくなります。こうして集まった資金をもとに、物件の賃貸料や売却益を投資家に分配していきます。また、他の投資信託と同様に、資産の運用は資産運用会社に委託します。資産運用会社は投資信託でいうファンドマネージャーと同様に、投資不動産のリサーチや選定、取得や売却などを行なっていきます。

また、リートでは株主総会と同じように「投資主総会」を開き、役員を選任するなどして投資家の意志を反映できるような役員会を持っています。

リートのメリットとデメリット

リートのメリットとデメリット

リートは投資信託の一種なので、通常は多額な資金が必要な不動産投資を比較的少額から始めることができる他、プロが運用してくれ、複数の不動産への分散投資が可能といったメリットがあります。その一方で、不動産ならではのリスクがあります。例えば、投資対象の不動産が地震や火災などで被災した場合には、大きく価格や分配金が下落する場合があります。また、投資信託と同様に経済状況や市況の影響を受ける訳ですが、これに加えて、賃貸や不動産売買の市場の影響も受けるため、経済状況が全般的に好調でも、保有物件の賃料や売買価格が下がることによって、分配益が下がるという場合もあります。