ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

分散投資の分かりやすい考え方



たくさんの投資家からお金を集めて、いろいろな投資対象にプロが運用をしてくれる投資信託は、1点集中型で投資をするのは危険だと言われます。

どちらかが下がればどちらかが上がる

どちらかが下がればどちらかが上がる

国内株式のファンドをひとつだけ持っていた場合には、国内株式市場が下落したら、そのまま投資家も損失を被ることになります。しかし、外国債券なども合わせて投資ができていたらどうでしょうか。日本国内の経済が悪化した場合でも、経済が順調な国はあります。経済は広く考えれば、「どちらかが上がれば、どちらかが下がる」という性質を持っています。そこで、どちらかに集中して投資をしてしまった場合は、うまくいけばリターンは大きいですが、同時にリスクも大きくなるのは当然です。そもそも投資信託は、様々な投資対象に投資できるのが魅力のひとつですから、様々な投資対象に分散しておくことが重要です。

分散投資で注目しておきたい4つの投資対象

分散投資で注目しておきたい4つの投資対象

分散投資では「国内株」「外国株」「日本国債」「外債」を中心に考えると分かりやすくなります。例えば、「日本国債」と「外債」は安全性がもともと高い投資対象です。ただ、これではリスクは低いが、リターンも少ない。ということで、「国内株」と「外国株」にも投資したいところです。特に、国内株よりも外国株の方がハイリターンを望める可能性は高いとされており、国内株がダメなときでも外国株が上がっている場合があります。特に、新興国への投資はリスクが高いものの、経済発展は中国を除くと概ね右肩上がりの経済事情という状況もあります。もちろん、リスクも大きくなりますが、これら4つにうまく分散投資しておけば、よりチャレンジングな投資が可能となるでしょう。

「コモディティー」をサブ投資対象にしておく

「コモディティー」をサブ投資対象にしておく

投資信託では株や債券以外にも「コモディティー(商品)」と呼ばれる投資対象があります。例えば、近年、高騰が続き投資対象として注目浴びている「金」、その他にも、資源ファンドや穀物ファンドなどは、原油価格の高騰や食糧危機問題など世界的な課題となっているため注目が集まっています。

これらコモディティーファンドへの投資は、株や債券をメインとした場合には、サブ的におさえておくと良いとされています。

なぜならば、コモディティーファンドは株式相場などとは逆の動きをする現象が比較的顕著に表れるためです。これは、例えば、株式などのリスクの大きい投資をしている投資家らが、欧州債務危機などの金融リスクが生じた場合に、実物資産であるコモディティーファンドに投資資金を流入させることが多いからです。

このように、株や債券などをコアとし、コモディティーをサブとした投資信託への投資法は、経済のグローバル化で世界全体がリセッション(景気後退)傾向にあるここ数年、人気が高まってきています。