ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

投資信託商品の種類



投資信託の商品は非常に幅広く、どのような商品が自分に合うのかを見付けにくいと感じる人も多いようです。ここでは大まかな考え方を紹介します。

公社債投資信託か株式投資信託かで分ける

公社債投資信託か株式投資信託かで分ける

様々な種類の投資信託商品(ファンド)の中で、大きく2つに分けていくと、本当に投資したいファンドが見えてきます。その中でも、一番初めに考えたいのが、「運用対象」です。これには、株式に投資をしたいのか、それとも公社債に投資をしたいのかで分けることができます。

公社債投資信託とは

国債、政府保証債、地方債、電力債、金融債といった債権を中心に運用する投資信託です。運用対象に株式を一切組み込まない投資信託で、安全性の高い「ローリスク」という点が特徴です。資金に余裕がないが銀行の預金金利よりは利回りのいい運用をしたいと考える人に向いていると言えます(ただし、元本割れがないという保証はありません)。

株式投資信託とは

こちらは、株式に投資ができるすべての投資信託のことで、「株式ファンド」とも呼ばれます。公社債投資信託とは異なり、公社債を組みこんだ投資信託でも株式にも投資可能であれば株式投資信託に分類されます。特徴は、株式の運用を中心とするため、ハイリターンを望めることです。一方、ハイリスクも伴う場合があるので、ある程度資金に余裕がある人が高利回りを狙って投資する投資信託です。

購入方法で分ける

購入方法で分ける

運用対象を公社債オンリー(公社債投資信託)で行くのか、それとも株式中心(株式投資信託)で行くのかが決まれば、次に購入方法で分けてみます。購入方法には、単位型(ユニット型)と追加型(オープン型)に分けられます。

単位型(ユニット型)とは

募集期間が決められており、期間内に集まった資金だけで運用していくもので、募集期間を締め切ったあとは、資金の追加などを受け入れないものです。一定の信託期間が定まっており、運用期間が終了すると運用会社がすべての資産を売却し、投資家の所有分に応じて資金が払い戻されます。そのため、株価が非常に低い場合やファンド自体が高金利である場合には、高い運用成績を見込める特徴がありますが、換金できない期間(最大は運用期間が終了する償還日まで)があるので、損切りがしにくいというリスクもあります。

追加型(オープン型)とは

運用期間を設けずに、原則、自由に購入・換金ができる投資信託で、現在はオープン型の投資信託が主流となっています。換金が自由なので運用実績を見ながら投資できる点がメリットとなりますが、運用成績が良い程、利益が上がった時点で多くの人が換金してしまうので、購入・換金のタイミングが難しいという側面もあります。