ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

投資信託のメリットとデメリット



運用を専門家に任せられることから、初心者の投資家でも気軽に始められる投資信託ですが、投資信託を始める前に、投資信託のメリットとデメリットを覚えておく必要があります。

投資信託のメリット

小額での投資が可能

小額での投資が可能

投資信託は株式投資程大きな資金は必要ないため、この点が初心者の投資家にとって、最大のメリットではないでしょうか。投資信託は概ね1万円からでも投資が可能です。例えば、株式投資の場合には、だいたい20万円くらいの資金が必要というのが一般的な考え方です。しかし、株式ファンドへの投資は1万円くらいからできます。また、「投資積立」という商品では、月々1000円くらいからでも始めることができます。

ファンドマネージャーによるプロの運用

ファンドマネージャーによるプロの運用

金融商品はなにかと専門知識が必要となり、敷居が高いイメージがありますが、投資信託は金融商品を運用するための専門家が運用してくれるので、初心者の投資家にとっては安心です。また、投資家の人には定期的にレポートも送ってくれます。

リスクを軽減できる分散投資が可能に

リスクを軽減できる分散投資が可能に

例えば、株式投資の場合は、投資していた銘柄の株価が暴落するなどした場合には、1000株単位で株を購入しているため、その影響をダイレクトに受けることになります。しかし、投資信託の場合には、資金を複数の銘柄に分散して投資することが可能なので、リスクを軽減できます。

外国株など個人投資家ではハードルの高い銘柄にも投資しやすい

外国株など個人投資家ではハードルの高い銘柄にも投資しやすい

投資信託の投資先は様々で、国内株はもちろん、中国株やインド株といった近年注目度の高い新興国株、また、不動産、外国債といった個人投資家ではなかなか手の出せない投資先にも投資できるようになります。もちろん、ハイリターンの投資先はハイリスクになりますが、運用はプロが行なってくれるので、個人で運用することに比べれば、チャレンジングな投資を行なうことができると言えるでしょう。

投資信託のデメリット

どの金融商品にも言えることですが、メリットがあればデメリットもあります。投資信託のデメリットは一般的に以下のようなことが挙げられます。

手数料や報酬などのコストがかかる

投資信託には、販売会社の他に運用会社、受託銀行などの専門チームで構成されているため、コストがかかります。投資信託のコストには主に、販売会社に支払う「販売手数料」、運用を任せている運用会社を中心に販売会社や受託銀行に運用代行費用として支払う「信託報酬」、また、証券を売却するとき(解約時)にかかってくる「解約手数料」があります。運用がうまくいけばコスト以上のリターンが望めますが、最終的な利益は、これらのコストを差し引いて、かつ売却益が出ていることが条件となるでしょう。

元本保証がない

投資信託を預金の代わりになどと宣伝する会社もありますが、投資信託は金融商品ですから、元本保証はありません。いくらプロが運用すると言っても必ず成功する訳ではありません。また、運用実績が伴わない場合でもその責任は、投資家の責任となるので、そのあたりも気を付けておきたいところです。