ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

投資信託の仕組み



投資家から集めた資金をひとつの「ファンド」にまとめ、専門家に運用を託し、債券や株式などの運用成果に応じて分配収益で利益を得ようとする投資信託。実は、初心者の投資家でも気軽に始められる金融商品として知られています。

投資信託の運営の流れを知ろう

投資信託の運営の流れを知ろう

簡単に投資信託の運用の流れを確認しましょう。

投資家A、販売会社B、委託会社C、受託銀行Dがあると仮定します。まず、投資家Aは、販売会社B(証券会社や銀行など)に希望する投資信託を購入する代金を支払います。次に販売会社Bは、投資のプロである委託会社Cにその購入代金を預けて運用を依頼します。運用を任される委託会社Cは、受託銀行Dにその購入代金を「信託金」として預けます。こうして、受託銀行Dはいろいろな投資家が購入したお金をひとつにまとめて管理します。さらに、投資の専門家である委託会社Cの指示にしたがって、受託銀行Dは、株式市場や債券市場に集まったお金を投資家の代わりに投資していきます。

この一連の流れで、投資のプロが株や債券を買っているような状態ができ上がります。その後、運用された中で投資実績が上がってくると、委託会社Cは株などを売却して換金された代金や分配金などを、販売会社Bに渡します。委託会社Cは、そのお金を投資家Aに分配していき、投資家Aはお金を出す以外にはなにもしなくても、投資の利益を上げられるということになります。これが投資信託の仕組みです。

専門家が個々の役割を分担することで成り立つ「ファンド」

専門家が個々の役割を分担することで成り立つ「ファンド」

金融の話によく出てくる「ファンド」とは、この投資信託のことを指しています。投資信託の仕組みにもあるように、販売を専門にする会社、運用を専門に行なう投資のプロ、集めたお金を管理する受託銀行というふうに、個々に専門的な役割を担った会社同士が投資における利益を出すために協力するのがファンドです。投資家は不特定多数ですし、投資する金額もまちまちですから、様々なパターンのファンドが必要となります。そこで、ファンドは投資家及び自分たちの会社がどうやったら利益を出しやすいかを吟味して、こういうファンドなら運用しやすくお金も集めやすいという金融商品を作ることに注力します。こうして多種多様なファンドが作られる訳ですが、ファンドは大きく2つに分けられます。ひとつは株式を組み込む「株式投資信託」、もうひとつは株式を除外し、公社債に特化する「公社債投資信託」です。これをさらに、国内なのか海外なのか、いつでも購入を追加できる「追加型」なのか、購入期間を限定する「単位型」なのかなどに細分化していき、投資信託の商品ができ上がるのです。

いずれにしても投資家とすれば、専門知識がなくても投資ができるということで、参画しやすい金融商品ということになります。