ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

複数口座でリスクを減らす



証券会社によってサービスや情報ツールが異なるため、証券口座を複数持つ人が増えています。証券口座は多くの証券会社にて無料で開設できるので、利用しない手はないでしょう。

最適なメイン口座を決定するためにも重要な複数口座

最適なメイン口座を決定するためにも重要な複数口座

多くの人が証券口座を複数持つ理由は、サービスやツールが証券会社によって異なるからですが、もうひとつ重要なことは、売買などの取引にかかってくる手数料も証券会社によって異なっているからです。これは利益に直結することなので、多くの人が、どの証券会社の口座を「メイン」とするか迷うところでもあります。また、わざわざ高い手数料の証券会社をメイン口座に置く人もいます。これは、それだけサービスやツールが他社よりも優れているからです。このように、手数料、サービス、情報ツールを実際に利用しながら、メイン口座を決めていくと、失敗のないメイン口座がおのずと決まっていくでしょう

その他、メリットの多い複数口座開設

その他、メリットの多い複数口座開設

どの証券会社でも、特長は一長一短です。投資の傾向やパターン、銘柄などを総合的に考えると、自分が理想とする完璧な証券会社というのはないと思っていたほうがいいかもしれません。そこで、複数口座を持つことはメイン口座を決める以外にも、以下のようなメリットがあることを覚えておくと良いでしょう。

有益な情報が多方面から入手でき、様々な情報ツールが利用可能に

有益な情報が多方面から入手でき、様々な情報ツールが利用可能に

口座を開設するのは概ねどこの証券会社も無料で、口座を開設しておくことで、様々な情報を証券会社が送ってくれます。そのひとつがメルマガ・サービスです。メルマガ・サービスでは、市況概要や資産設計の考え方など、自分の投資プランに役立つ情報が毎回、読みやすい記事で書かれています。これらの情報を見比べることで、どういう業種が今ホットなのかが分かるようになるでしょう。また、独自の情報ツールも口座を持っている分だけ利用できると同時に、例えば、マネックス証券が口座利用者に無料で行なう投資セミナーなども閲覧できるといった、様々な特典があります。

多数の口座を持つことでIPOの抽選確率が上がる

多数の口座を持つことでIPOの抽選確立が上がる

IPO(新規公開株)は初心者にもねらい目な人気の株ですが、公募株の購入は抽選制になることも多く、同時に、IPOは証券会社ごとによって配分数が決まっているので、どの証券会社からでも購入できる訳ではありません。そこで、複数の証券会社の口座を持っておけば、抽選に当選する確率が上がるという訳です。

システムがダウンした場合のリスク回避

システムがダウンした場合のリスク回避

近年では、ほとんどの個人投資家はインターネットを経由して取引をしています。しかし、株式市場が暴落などした際に、サーバーに注文が過剰に集中し、システムダウンする場合があります。近年では、2012年のFacebook上場のときに起きたものが有名です、こうしたときに、ある証券会社はダウンしたが、複数持っていれば正常にシステムが動く証券会社の口座で取引ができるので、リスク回避にもなります。

このように考えると、複数の口座を持つことにデメリットはほとんどありません。これから投資を始めようと思う人はぜひ、複数の口座を持つことをオススメします。