ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

売り注文の出し方



株式投資では配当金などを除けば、株を売らなければ利益は出ません。売り注文は買い注文のときよりもタイミングが難しいとされています。

売り注文を出すタイミング

売り注文を出すタイミング

株式投資で利益を出すためには、株価が上がったところで売らなければ利益にはなりません。もちろん、長期的な投資においては年間で入金される配当金などのキャピタルゲインがありますが、株を売却することで利益を出すのが株式投資の醍醐味でもあります。初めのうちは、株価が少し上がったところで、小さな利益でも売り注文を出して、少しずつ利益の出し方を学んでいく人が多いようです。

株は「買うときより売るときの方が難しい」と言われるのは、株を買ったときよりも株価が上がったことを確認した時点では、それは「含み益」と言って現実に利益が上がったことになりません。売り注文を出して約定して初めて「確定利益」となります。そのときに、株式投資をしている人のほとんどの人が体験するのが「もう少し待てば、もっと上がるのではないか」という期待による迷いです。

そこで、これから株式投資をする人は、「株を売る理由」について整理しておくことが大切だと言われています。

なぜ株を売るのかを明確にしておく

なぜ株を売るのかを明確にしておく

株を売る理由、その銘柄を手放す理由を明確にしておけば、売るタイミングを見逃さなくなります。その「株を売る理由」というのは以下の3通りです。

  • 株価が上がり利益を出すために売る
  • 株価が下がってきて、損切りをする
  • その他の事情で、お金が必要になったとき

この3通りの「売る理由」を明確にしておけば、売り時に迷うことは少なくなるでしょう。特に、株価が上がって利益が出たという含み益の時点と、損切りの時点についてどれくらいの幅で売るのかということを事前に決めておくことで、迷いがなくなるでしょう。また、売り注文を出すときにはごく機械的に注文を進めていくことで、売り注文のタイミングを逃さずにすみます。

これらのことはプロの投資家でも迷う場合があるので、初心者の投資家は特に自分で決めたルールを守ることが大切だとされています。

実際の売り注文の方法

実際の売り注文の方法

売り注文を出す方法は、基本的には買い注文と同様の方法で行ないます。まず「銘柄名を指定」します。以下、「売る株数を決定」→「注文方法(指値または成行)」→「売り注文の有効期限を決定」という順序になります。指値で注文を出す場合には、売却価格も入力します。インターネットで行なう場合には、最後に注文ボタンを押すと、注文内容が確認できるので、確認後に実行ボタンを押して、必ず最後まで実行するようにしましょう。売却できた銘柄は、約定状態を表す欄のところが約定済みと表示されるので、そうなれば売却が成立したことを表します。