ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

株価チャートの見方



株の購入においては、株価チャートの分析は欠かせません。どんな優良企業の銘柄であっても株価は上がったり下がったりを繰り返すので、買い時、売り時を見逃さないためにも株価チャートの見方を覚えましょう。

まずはテクニカル分析の基本を覚えよう

まずはテクニカル分析の基本を覚えよう

テクニカル分析とは、過去の価格や出来高、時間軸などから取引のパターンを探り、将来の取引価格などを予想する分析法で、もっともポピュラーな分析法です。市況や財務諸表、競争優位性などから経営全般の状況を予測するファンダメンタル分析とは相対する分析法となります。

株価チャートの基本は「ローソク足チャート」と呼ばれるグラフを読むことです。「ローソク足チャート」はインターネット上の株価情報などでもよく使用されているチャートです。折れ線グラフのなかに白または黒の縦状の小帯から上下に単線が出ているチャートを見たことがあるかと思います。ローソクひとつの中に1日の始値、終値、高値、安値が表現されていて、ローソクの長さや値動きの上下を見ながら、投資すべきタイミングを判断していきます。

酒田五法でローソク足チャートの動きを判断する

酒田五法でローソク足チャートの動きを判断する

テクニカル分析において、完璧な方程式はありませんが、初心者でも判断しやすい「酒田五法」と呼ばれるものがあります。酒田五法とは、江戸時代の米の相場師・本間宗久によって考案されたローソク足チャートの読み方です。本間が山形県酒田の出身で、基本的な5つの法則を考案したことから「酒田五法」と呼ばれます。その5つの法則は、三山(さんざん)、三川(さんせん)、三空(さんくう)、三兵(さんぺい)、三法(さんぽう)と呼ばれ、これは投資家の心理状態から編み出された法則と言われています。

三山
上昇と下落を交互に繰り返すパターンが3度続き、天井が3度続いたあとは、下落パターンに転じる。
三川
下落と上昇を交互に繰り返すパターンが3度続き、底が3回続いたあとは上昇パターンに転じる。ただし、三山、三川のパターンは様々で、急上昇や大暴落した次の日は、上昇・下落が鈍化するという「三川宵の明星・三川明けの明星」と呼ばれるパターンもある。
三空
何度か上昇または下落を繰り返したあと、少しの間値動きが落ち着き、その後、微増微減を繰り返したあとには急上昇、急下降する可能性が高いというパターン。そのため、3度連続で下落した直後には、急上昇する可能性が高いので「買い時」だと分かります(その逆は売り時)。
三兵
3日連続で上昇、または下落が続いた場合に、その前日の終値よりも高い始値で上昇していたときには、強い上昇トレンドに入っている場合が多い(その逆はトレンドの終わり)というパターン。
三法
短期間の間に上昇と下落が連続する場合のパターン。このときには投資家が迷っている状態を指しているので、様子見が必要の場合があるということ。