ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

世界の主要な株価指数「S&P500」



アメリカの株式市場の動向を表す代表的な株価指数には「ダウ平均」や「ナスダック」がありますが、「S&P500」もまた、有力な株価指数として知られています。

米国経済の状況を知るのに、信用度がピカイチのS&P500

米国経済の状況を知るのに、信用度がピカイチのS&P500

「S&P500」は、世界的な信用格付け会社である「スタンダード&プアーズ社(Standard and Poor's)」が算出しているアメリカの株価指数です。ニューヨーク証券取引所をはじめ、アメリカン証券取引所、ナスダック証券取引所という米国を代表する3大証券取引所に上場している企業の中から500の銘柄を選出し、その株価をもとに算出される株価指数のことです。

この3大証券取引所には、米国の株式市場の全体の75%以上の銘柄が集まっており、これを代表する500銘柄を選出しているS&P500は、全米の全主要業種から構成されていると考えられるため、アメリカ全体の市況を的確に映す鏡とも言われる株価指数として認知されています。そのため、世界の機関投資家らの運用実績を測定するベンチマークとして利用されています。

ダウ平均やナスダック総合とどう違うの?

ダウ平均やナスダック総合とどう違うの?

S&P500の場合は、全米の主要な証券取引所の中から選定された銘柄が500もある点に注目されています。例えば、米国の株価指数でもっとも有名な「ダウ平均」の場合は、わずか30銘柄をもとに平均株価指数を算出しているため、平均と言ってもバラツキが出やすいという短所があります。また、ダウ平均の構成銘柄には、歴史が長く、自動車や航空会社といった米国の産業を象徴する銘柄が選出されていますが、逆に、新興の業界であるハイテクやIT、バイオといった産業があまり選出されていないという側面もあります。これは日経平均株価にも似た状況であり、分かりやすく言えば「重厚長大型」と言えます。このダウ平均の短所を補う形で出てきたナスダック総合指数は、新興産業向けの市場で、アップルやグーグルといった今をときめく企業がナスダック証券取引所に上場しており、かつ上場銘柄全体の時価総額をもとに算出されていますが、上位銘柄のほとんどがハイテク、IT関連業のため、これもまた偏りがあるという側面があります。その中で、S&P500はダウ平均のように構成銘柄の数も十分に多く、かつ、全米を代表する3つの証券取引所の銘柄から選定しているため、業種のばらつきも少なく、ダウ平均やナスダック総合と比べても「短所の少ない」総合的な株価指数ということが言えます。

また、S&P500の中からさらに100銘柄に絞ったS&P100という株価指数もあり、その採用銘柄の業種も一般消費財・サービスからIT、金融、ヘルスケアまで様々な業種の銘柄を採用しています。