ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

公社債とは?



公社債は、公共債と民間債など、いわゆる「債券」を総称する呼び名です。

公社債の種類にはどんなものがあるの?

公社債の種類にはどんなものがあるの?

公社債は、国や地方公共団体が発行する「公共債」と民間企業などが発行する「民間債」に分かれます。公共債は、国や地方公共団体が財源などを賄うために発行し、投資家からお金を借りる「借用証書」のようなものです。国が発行するものを「国債」、地方公共団体が発行するものを「地方債」と呼びます。また、その他にも公団や公社、公庫といった政府関係機関が発行するものを「政府機関債」と言います。民間債は主に大手企業が発行する企業の債券のことで、「事業債」と「金融債」に分けられます。また、外国の政府及び政府関係機関、事業者が発行するものを「外国債」」(外債)と呼びます。

株よりも安心感のある公社債

株よりも安心感のある公社債

公社債は、公共債の場合は、証券会社の他、銀行、信用金庫、保険会社などほとんどの金融機関で扱われていますが、社債、外債は証券会社のみで取り扱われています。株の場合は元本割れなどのリスクがありますが、公社債は、保有期間中は利息(確定利息)を受け取ることができる上、発行した団体や企業が定める返済期日(償還日)には元本の償還が確約されることから、株よりもリスクの低い金融商品ということが言えます。「倒産」の恐れがないところから利息を受け取ることができる国債や公共債に比べ、株の場合には民間の株式会社に投資をするので、倒産リスクがあります。ですから、債券に投資をする方が安全であるとも言えます。

ただ、株式に比べ安心感はあるものの、債券は銀行預金と同様に「利回り」で利益を出そうとする金融商品ですが、通常は「固定金利型」なので、株のように大きなリターンが期待できず、大きく増やすのが難しいと言われています。また、債券は株式と同様、自由に売買ができるため、値段が変動しています。そのため、購入時よりも値下がりしている時に売却すると損をする可能性もあります。

同じ株式会社が発行している債券と株を比べた場合には、株の場合は株主権という株主総会での議決権を持つことができますが、債券には、それがありません。そのため、同じ"投資"と言っても株式と債券では、性格がかなり異なっています。また、債券は数年単位の償還期限(満期日)が設けられているのに対し、株式はその期限はありません。そのため、長い目で見れば株に投資した方が利益を出しやすいと考える投資家もいるようです。

このように株と債券では、大きな違いも見られるので、投資のスタイルによって使い分けていくといいかもしれません。