ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

株式投資のメリット



株を保有すると、あなたは株主となり様々なメリットを得られます。そのメリットはどのようなものでしょうか。

株主だから、株主権を行使できる

株主だから、株主権を行使できる

企業が資金を調達する手段として発行する有価証券が株です。この株を購入することで投資家は「株主」になります。株主は「株主権」という権利を持ち、発行会社に対して行使できる一定の権利を持つことができます。この株主権には以下のような権利があります。

経営参加権
経営参加権とは、発行会社の株主として株主総会に参加し、持株数に応じて経営に関する議決権を行使できる権利です。
配当請求権
配当請求権とは、持株数に応じて発行会社の利益の分配を受けられる権利のことです。
残余財産分配請求権
残余財産分配請求権とは、会社が解散した場合に負債を返済し、なお財産があまった場合に、持株数に応じて残った財産の分配を受け取ることができる権利です。

株を保有することで得られる4つの利益

株を保有することで得られる4つの利益

株主となった場合には、以下のような利益を受け取ることができます。

値上がり益(キャピタルゲイン)

値上がり益(キャピタルゲイン)

値上がり益(キャピタルゲイン)は、保有している株の銘柄を売却したときに受け取ることのできる利益です。例えば50万円で、ある会社の株を買った場合に、株価が60万円になったときに売却すれば、キャピタルゲインは10万円ということになります。この差額が大きい程、株での利益は増えていきます。逆に、株価が購入時よりも下がった時点で売った場合には、「キャピタルロス」と呼ばれます。

配当金(インカムゲイン)

配当金(インカムゲイン)

配当金(インカムゲイン)は、企業が得た利益の中から、持株数に応じて分配されるもので、いわば銀行の利子のような利益です。配当金は企業または事業年度によっても異なりますが、基本的には年度毎に支払われ、その額はおおむね株価の2~3%と言われています。株を保有している限り配当金は支払われます。

株式分割

株式分割

株式分割は、文字通り、株式を分割することを指します。例えば、1株100万円の株があった場合、投資家は買いにくいかもしれませんが、株式分割で1株を10分割すると1株10万円となるので投資家が買いやすくなります。10人の投資家が1株ずつ買えば、企業としては保有株数が10倍になるので、互いにメリットがあります。これは企業側が決めるのですが、株式分割を1:2にすると発表した場合、すでに100株を保有していた投資家は、資金を足さずとも200株となります。株価は下がるので、利益は変わらないと思うかもしれませんが、業績が好調の会社は配当金を据え置きすることもあります。例えば、1株10万円で配当金が1,000円の株を持っていて、2株5万円に分割され配当金据え置きならば、投資家の株数は2株になるので配当金は2,000円となります。

株主優待

株主優待

株主優待は、直接的な投資の利益というよりは、株主だけに贈られる様々な嬉しいサービス特典のような物です。一定以上の株式を保有している株主には発行会社が製品の割引券や商品券などを贈ってくれる場合があります。例えば、日本航空の株主優待には、ファーストクラスでの渡航を無料にするなどの株主優待券が贈られる場合があります。