ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

ネット証券について



日本全国にある様々な証券会社は、約340社とも言われていますが、その中でも近年、台頭してきているのがネット証券です。

投資家を爆発的に増やしたネット証券の歴史

投資家を爆発的に増やしたネット証券の歴史

ネット証券とは、インターネットを使って口座の開設からオンライントレードの実施、資産管理まで、証券取引に関する様々なサービスをインターネットで提供している証券会社または証券会社のオンラインサービスのことです。

証券会社は従来、主要都市に店舗を構え、店頭営業または電話営業といった対面営業によって証券取引のサービスを行なってきましたが、1990年代に入るとインターネットが普及し、インターネット上で様々なサービスが提供されるようになり、証券会社もインターネットを通じて口座を開設したり、オンラインで取引したりできるようになりました。

1999年には、それまで固定手数料制だった「株式売買委託手数料」の規制が緩和され、完全自由化となり、安い手数料で気軽に証券取引を始められる小口の証券や金融商品などが増えました。環境の変化や規制緩和から、新たに「投資」を始めようとする人も増え始め、様々な証券会社が人件費のかからないネット証券に参入していきました。これがネット証券の始まりです。中には、日本で初となる店舗を持たないインターネット専門の証券会社を松井証券が立ち上げるなど、ネット証券の台頭したことにより、「株」が一般の人でも気軽に始められる投資として注目を集めていくようになりました。

ネット証券によって金融業界は大きく様変わり

ネット証券によって金融業界は大きく様変わり

コストを大幅に削減でき、価格競争力においても強みのあるネット証券は、2000年代に入ると大きくマーケットのシェアを伸ばし、楽天証券マネックス証券GMOクリック証券など新規参入した会社も業績を伸ばしました。現在では、野村證券大和証券SMBC日興証券などの大手証券会社や外資系証券などもネット証券に参画したことから、より一層価格競争が激しくなり、吸収や合併などが相次ぎました。

証券会社では生き残りをかけてサービス改善などを行なっていますが、株の取引と言えばインターネットで行なうものという考え方が主流となってきています。

こうしたネット証券の誕生から現在までを振り返ると、いかにネット証券の社会的影響が大きかったかが分かります。現在では、学生や主婦でも気軽にオンライントレードをする時代となり、パソコンはもとよりスマートフォンなどの携帯電話でもトレードができるようになっています。