ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

宝HDの事業概要



宝ホールディングス株式会社は、宝酒造やタカラバイオなどを傘下に持つ持株会社です。日本酒を中心とした酒類の製造、販売やバイオテクノロジー関連事業など、様々な事業を手掛けています。

沿革

沿革

宝酒造の創業は1842年にまで遡ります。日本酒の製造、販売権利の譲渡を受け、酒造りを京都で開始しました。1864年には焼酎、みりんの製造を開始し、1905年に四方合名会社を設立し、新式焼酎「日の本焼酎」を開発、発売し、東京市場へ進出しました。1916年には新工場を完成させ、新たに「寶焼酎」、新式みりんの「寶味淋」の製造を開始します。1923年に関東大震災が起こると、即座に東京に向かい営業を早期に再開しており、その結果、東京での売り上げをさらに伸ばし、関東市場に深く浸透することとなりました。翌年1924年には群馬県に工場を新設し、関東での生産を開始しています。

1925年には寶酒造株式会社を設立し、1926年からは帝国酒造、大正製酒など、多くの酒造会社を合併し、1937年からは軍需用アルコールの生産を開始しています。

戦後1947年には焼酎、ワイン、ウイスキーなどの製造を開始し、1949年に東証一部上場を果たします。

1952年には中央酒類を合併し、1957年にはビール事業へも参入しましたが、1967年にはビール事業から撤退し、清酒である「松竹梅」や、みりんの拡販に力を入れました。特に1968年に発売した清酒「松竹梅<たけ>」は大ヒット商品となりました。

1971年には英国トマーチン社と提携し、スコッチウイスキー「ビッグティーゴールド」を開発、製品化しました。1972年に日中の国交が回復すると、中国酒である紹興酒の販売も開始しています。1977年には焼酎「純」を発売し、大きな成功を収めました。

1982年に米国寶酒造株式会社を設立し、清酒の米国内での販売を開始しました。1984年には現在でも人気の缶チューハイ「タカラcanチューハイ」を発売した他、1998年にはワイン事業も本格的に開始し、ワインの輸入販売を行なうようになりました。

2002年になると、寶酒造株式会社は純粋持株会社に移行し、宝ホールディングス株式会社へと社名を変更しました。

主要事業

主要事業

宝ホールディングスは持株会社として多くのグループ企業を持ち、様々な事業を展開しています。

宝酒造

酒類事業を中心に、調味料事業、酒精事業、日本食材卸事業と幅広く事業を展開しています。宝焼酎「純」や清酒「松竹梅」、ソフトアルコール飲料「タカラcanチューハイ」など、多くのヒット商品を強みに、多種多様な製品を提供しています。

タカラバイオ

1970年には中央研究所(現:タカラバイオ)を滋賀県に移設しました。同年にはブナシメジの人工栽培に成功し、1979年には国内初となる遺伝子工学研究用試薬の開発に成功しました。1993年には遺伝子工学研究事業を拡大します。

優れたバイオテクノロジーを活かした、遺伝子工学研究事業、遺伝子医療事業、医食品バイオ事業を展開し、国内外に様々なサービス・製品を提供しています。タカラバイオは2004年に東京証券取引所マザーズ市場への上場も果たしています。