ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

東宝の事業概要



東宝は日本を代表する映画会社として知られています。演劇と映画の製作配給、また興行を行なっています。現在は阪急阪神東宝グループの中核企業であり、帝国劇場と新館シアタークリエという2つの直営の劇場を保有しています。

沿革

沿革

1932年に阪神急行電鉄社長の小林一三さんが株式会社東京宝塚劇場を設立しました。その後1934年に旧・東京宝塚劇場と旧・日比谷映画館を設立し、1935年に有楽座を完成させました。1936年には日本映画劇場株式会社を、1937年には株式会社東横映画劇場と帝国劇場株式会社を合併しています。

1943年に東宝映画株式会社を合併し社名を東宝株式会社に変更しました。これを機に映画の製作から興行まで一貫した経営を行なうこととなりました。1949年には東京証券取引所への上場を果たしました。

1954年には映画『七人の侍』と特撮映画『ゴジラ』が大ヒットしました。1957年には東宝本社ビルが完成し、1965年には株式会社帝国劇場を設立して新たな帝国劇場の建築を開始しました。その後も新宿東宝会館や京極東宝会館、ナビオ阪急などを次々に建設させた他、1980年代には、有楽町センタービル(現・TOHOシネマズ日劇)や渋東シネタワーも完成させました。

1993年には舞台『ミス・サイゴン』が帝国劇場で1年半のロングランを達成し、1997年には映画『タイタニック』、2001年には映画『千と千尋の神隠し』、その後も映画『ハウルの動く城』や映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』など多数のヒット作を興行していきました。2006年には映画興行部門をTOHOシネマズとして会社を分割しています。

事業内容

事業内容

東宝株式会社は多くの子会社を持ち、映画の製作、配給はもちろん、演劇事業や不動産事業など多様な事業を展開しています。

映画製作・配給

株式会社東宝映画が映画を製作、東宝東和株式会社が洋画の輸入、配給を行なっています。株式会社東京現像所ではフィルムの現像、CG・デジタル合成処理を手掛けるなど、子会社同士での連携によるワンストップでの映画製作や配給を可能にしています。

映画興行

TOHOシネマズ株式会社、北海道東宝株式会社、関西共栄興行株式会社が運営する映画館で、自社で製作、配給した映画を上映しています。

映画の製作・販売

映画だけでなく、音楽製作や著作権の管理、美術製作、映画やテレビなどの衣装製作及びレンタル、舞台美術、小道具、衣装の製作、宣伝広告物の企画やデザインといった事業を子会社6社が行なっています。

演劇事業

東宝芸能株式会社が映画やテレビなどへの俳優の斡旋、演劇やイベントの企画・製作を、その他2つの子会社が演劇の団体入場券の斡旋、販売、演劇の制作などを手掛けています。

その他の事業

東宝株式会社が保有するスタジオやビルなどの不動産の貸借、飲食店の経営などの事業も展開しています。