ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

セコムの事業概要



セコムは日本初の総合的警備保障会社です。国内のリーディングカンパニーを務めるだけでなく海外20ヵ国にも事業展開しています。

沿革

沿革

セコムは、飯田亮さんと戸田寿一さんによって設立された日本警備保障株式会社を母体としています。東京オリンピックの選手村の警備を務めたことから、日本警備保障株式会社は急成長を遂げ、国内中に知られる企業となりました。1966年には、日本で初めてオンラインによる安全システム「SPアラーム」を開発します。このシステムは1969年に起こった108号連続射殺魔事件の犯人逮捕のきっかけとなったことで拡大展開していきました。

1974年に東京証券取引市場第二部に上場を果たすと、翌年には世界で初めてとなる「コンピュータセキュリティシステム」を確立しました。1977年には安全機器を製造するセコム工業を設立し、翌1978年には東京証券取引所第一部に指定されました。

1983年には、社名をセコムに変更し、1986年には大阪証券取引所市場第一部に上場します。また、1981年に韓国に進出したことを皮切りに、タイ、イギリスなど海外に次々と現地法人を設立しました。

事業も多様に展開し、1998年に東洋火災海上保険(現:セコム損害保険)に資本参加、1999年に訪問看護ステーション「セコム新宿訪問看護ステーション」を開設、2002年にはセコム医療システムを開始、2005年には屋外巡回監視ロボットである「セコムロボットX」を発売しました。

事業内容

事業内容

セコムグループは2006年には能美防災を、2012年にはニッタンとアット東京を連結子会社化するなど、多種多様な子会社を有し、様々な事業を展開しています。「社会システム産業」を掲げ、社会にとって安心・便利なサービスシステムを開発・提供しています。

セキュリティ事業

1966年に「企業向けオンライン・セキュリティシステム」を開発し、それ以来「大規模施設向けセキュリティシステム」、家庭用安全システムである「セコム・ホームセキュリティ」、位置情報提供サービスである「ココセコム」などを開発し、提供しています。

防災事業

連結子会社である能美防災とニッタンの協力のもと、商業施設などに様々な防災システムを提供しています。

メディカル事業

セコム医療システム株式会社を中心に、在宅医療サービスなどのメディカルサービスを提供しています。

情報系事業

セコムトラストシステムズが、情報セキュリティサービスや「セコム安否確認サービス」といった災害への対策を中心としたサービスを展開しています。

保険事業

セキュリティシステムと損害保険を組み合わせたサービスを提供しています。セコム損害保険株式会社を中心に、「火災保険セキュリティ割引」や「自由診療保険メディコム」といった商品を提供しています。

不動産事業

セコムホームライフ株式会社を中心に、「グローリオ」マンションシリーズの開発・提供をしています。

地理情報サービス

航空測量とGIS(地理情報システム)最大手のパスコへ資本参加しています。

国際事業

セキュリティ事業、地理情報サービス事業などの事業を海外20ヵ国・地域に展開しています。