ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

住友不動産株式会社の事業概要



住友不動産株式会社は1949年の財閥解体によって設立された、日本を代表する不動産会社のひとつです。1971年には東京・大阪証券取引所の二部から一部へと指定替えしました。世界各地に現地法人を持っており、現在は1万人以上の従業員が属しています。

住友不動産の事業

住友不動産の事業

住友不動産には主に、ビル・マンション・戸建住宅・その他不動産の開発、賃貸、分譲、管理、仲介、鑑定や、宅地の造成、分譲などを手掛けています。海外不動産の開発、分譲、賃貸、建築土木工事の請負、設計などにも携わっています。

住友不動産のオフィス

住友不動産のオフィス

住友不動産は、オフィスの賃貸を行なっており、都内に200棟以上のビルを保有し、企業のオフィスの選定から入居までの一連の流れをサポートしています。また、住友不動産が所有するオフィスには、「整形無柱空間」という、柱が業務の妨げとならないように取り払われたオフィスや、ひとつの空間にゾーンを設け、各ゾーン単位で空調を調整できる「個別空調」というオフィスなど、最新の設備仕様を備えているオフィスもあります。また、免震構造のビルの開発も手掛けており、大地震時に建物が倒壊しないような安全対策も進めています。

住友不動産のマンション

住友不動産が初めて保有したマンションは、1962年に完成した「目白台アパート」でした。その後、次々と高層マンションの建設を行ない、建設中の物も含めると都内と都内近郊に80棟以上のマンションの保有をしています。住友不動産のマンションはデザイン性が高く、過去多くのグッドデザイン賞を受賞しています。

住友不動産のリフォーム

住友不動産は、マンションや戸建て、ビルのリフォーム事業なども手掛けています。なかでも「まるごとリフォーム新築そっくりさん」というオリジナルサービスでは、古くなった家や建物のリフォーム、耐震補強などをまるで新築物件のようにしてくれることから、好評を得ています。物件全体のリフォームだけでなく、部分リフォームなども請け負っています。

住友不動産のホテル

住友不動産が運営するホテル「ホテルヴィラフォンテーヌ」は東京都内を中心にチェーン展開しています。

住友不動産の海外展開

住友不動産は、不動産業界としては初めて海外に展開しました。初めての海外支店はタイで1969年に現地法人が設立されました。その後1972年にアメリカ・ロサンゼルス、1984年にはニューヨークと、その規模を広げていきました。海外では主に海外の不動産の販売、管理をしています。2014年以降には、中国の現地の不動産会社とタッグを組み、中国大連市に大規模マンションの開発と分譲を計画しています。