ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

三菱地所株式会社の事業概要



三菱地所株式会社は、1937年に三菱合資会社から土地建物営業権と建築家の業務を受け継いで設立された企業です。現在は社員8,000人以上が所属する大企業へと成長しました。主に、レジデンス、ショッピングセンター、ホテル、賃貸オフィス、資産運用、設計管理などを手掛けており、日本国内だけでなく、アジア、ヨーロッパ、北米などに多くの不動産ビルを持っています。

三菱地所の賃貸オフィス

三菱地所の賃貸オフィス

三菱地所グループの最も大きな事業内容のひとつとして、オフィスの賃貸が挙げられます。三菱地所グループは、現在国内に70件近くの高層ビルを所有しており、オフィス用に賃貸しています。三菱地所が所有する代表的なビルには「横浜ランドマークタワー」、「新丸の内ビルディング」、「大手町ビル」、「有楽町ビル」などがあります。特に、1998年から三菱地所が手掛けている「丸の内再構築第1ステージ」プロジェクトでは、10年ごとに「第1ステージ」、「第2ステージ」と区切って三菱地所の所有するビルの建替えを進めています。

三菱地所レジデンス

三菱地所レジデンス

マンション、戸建住宅の開発、分譲、賃貸などの分譲住宅事業を行なっており、2011年にはマンションの供給戸数が国内でトップとなりました。三菱地所レジデンスは、「Park House」などのブランド物件を供給し、人気を得ています。その他、注文住宅事業も手掛けています。

三菱地所のショッピングモール

三菱地所は、商業施設の開発も行なっています。三菱地所の初めての商業施設は、1989年にオープンした福岡県の「イムズ」でした。その後、数を増やし、「AQUA CiTY ODAIBA」や、「MARK IS みなとみらい」、「Sunshine City」などの開発を行ないました。「プレミアム・アウトレット」の運営も行ない、現在、全国に8つのアウトレットを所有しています。

三菱地所のホテル開発

三菱地所は、ホテル開発も手掛けています。三菱地所所有のホテルには、「ロイヤルパークホテル」があり、国内でチェーン展開しています。このロイヤルパークホテルは、2011年の調査において顧客満足度1位を獲得しています。

三菱地所のコンサルティング事業

三菱地所株式会社のビルソリューション推進部では、不動産に関するコンサルティング業務も行なっています。主に、ビルの開発、運営、設計、コンストラクションマネジメントなどの提案を行なっています。これまでに三菱地所は、銀座の「マロニエゲート」や港区の「品川フロントビル」などのコンサルタントも手掛けています。