ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

いすゞの事業概要



いすゞ自動車は、トラックやバスといった商用車を中心に製造している自動車メーカーです。日本だけでなく海外にも進出し、100ヵ国以上の国々でいすゞの自動車が販売されています。

沿革

沿革

創業は1916年と古く、日本の自動車メーカーでは最も古い歴史を持ちます。株式会社東京石川島造船所と東京瓦斯電気興業株式会社が自動車製造を企画したのがその歴史の始まりです。1922年には国産第一号乗用車を完成し、1934年には商工省標準自動車を「いすゞ」と名付けました。

1937年には東京瓦斯電気工業と合併し、東京自動車工業株式会社となりました。戦後の1949年には、いすゞ自動車株式会社と改称し、東証一部に上場します。同年には初の国外輸出として香港へ進出し、その後もタイ、台湾、イギリスなどに進出するなど、日本の自動車メーカーとしては早い段階から海外展開を始めています。

1993年からは、小型乗用車の開発・製造を中止し、商用車やSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の製造を集中して行なうようになりました。商用車製造・販売に専念し、経営資源を集中させるという狙いのもと、2002年からはSUVやセダン型乗用車の製造を中止し、乗用車部門から完全に撤退することを決め、その結果、2010年には国内トラック販売台数首位を達成しました。

また、1971年には米国のゼネラルモーターズと資本提携しましたが、2006年に資本提携を解消しています。

事業内容

事業内容

いすゞは商用車とディーゼルエンジンを中心に事業を展開しています。専門性を活かした研究開発と高い技術力で、最先端の安全性、経済性、環境性能を提供しています。

商用車

「安全技術」、「経済技術」、「環境技術」の3つの柱をもとに開発を推進しています。HEXA-PODというデザインフィロソフィをコンセプトに、無駄のない機能的なデザインと開発思想から設計まで海外市場を念頭にした「グローバル設計」を実践し、世界で認められる車づくりを手掛けています。

ディーゼル技術

いすゞのディーゼルエンジンは世界でもトップレベルの評価を得ています。「環境性能」と「経済性能」の両立を目指し、エンジンの小排気量、高過供給を追求しています。なかでも「D-CORE」シリーズエンジンは2005年排出ガス規制に適合し、2015年度の燃費基準も達成しています。

世界展開

いすゞの高い技術力、高性能の商用車やディーゼルエンジンは世界で高い評価を得ており、戦後間もなくから世界各国で販売されています。中国や香港を始め、東南アジア諸国や欧州諸国、タイ、オーストラリア、中東、北米、中南米、アフリカなど、世界中で大きなシェアを獲得し、世界各国の人々の信頼を得ています。特にアフリカでは、20年以上にわたりシェアがNO.1という圧倒的な実績を誇っています。