ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

楽天の事業概要



1997年の創業以来、楽天株式会社はネットショッピングをはじめとしたインターネット総合サービスを提供し、日本を代表する企業へと成長しています。2000年のジャスダック上場以降は積極的にM&Aを行ない、世界でも珍しいビジネスモデルを展開しています。

ユニークな事業展開「楽天経済圏」

ユニークな事業展開「楽天経済圏」

同社のビジネスモデルである「楽天経済圏」は、楽天グループが提供する多様なサービスの総称でもあります。ユーザーに『楽天スーパーポイント』を使ってもらうことにより、サービス利用や回遊性、継続性を促進します。楽天グループは以下のような事業を展開しています。

インターネットサービス

楽天市場、楽天ブックス、楽天オークションといったEコマース事業をはじめ、楽天トラベルといったトラベル事業や、インフォシークや楽天ブログなどのポータル・メディア事業を展開しています。この他、ゴルフ場の予約サービスである楽天GORAや、イベントなどのチケット予約サービスである楽天チケット、新卒学生を中心とした就職情報コミュニティサイトである「みんなの就職活動日記」など、多種多様なサービスを手掛けています。

金融サービス

楽天カード、楽天銀行、楽天証券をはじめとし、楽天Edyや楽天の保険など、様々な金融サービスを展開しています。クレジットカードの楽天カードと電子マネーの楽天Edyが「楽天経済圏」に加わったことで、リアルの店舗でも『楽天スーパーポイント』を貯められるようになりました。このことで、ネットとリアルの融合が進み、利便性が高まりました。

その他

楽天スーパーWiFiや楽天ブロードバンド、楽天モバイルといった通信事業や、プロ野球球団「東北楽天イーグルス」の運営もしています。

楽天グループのグローバル展開

楽天グループのグローバル展開

楽天グループは、Eコマースや電子書籍を中心に世界各国にも進出しています。楽天株式会社の代表取締役会長兼社長の三木谷浩史さんは、将来的には27ヵ国・地域へと進出し、楽天グループの流通総額に占める海外比率を70%へ押し上げる考えを明らかにしており、海外進出を重要視しています。

現に、EC事業においては、2008年の台湾、2009年のタイへの進出を皮切りに、アメリカ、フランス、インドネシア、ドイツなど計9ヵ国へと展開を拡大しました。また、EC事業以外でも、パフォーマンス・マーケティング事業やトラベル事業を強化しています。

ユニークなビジネスモデルや各国で培われたノウハウを武器に、楽天グループは今後も「楽天経済圏」を世界に拡大し、グローバル展開をますます加速させていくと見込まれています。