ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

2000番台 食品について



ここでは、証券コード(銘柄コード)が主に2000番台の業種「食品」について、いくつかの企業を例に挙げて紹介します。

「食品業界」とは

「食品業界」とは

「食品業界」とは、原材料から商品の開発を行ない、製造・販売する産業のことを指します。食品工業は「食料品製造業」と「飲料・たばこ・飼料製造業」の大きく2つに分類されます。

「食料品製造業」は、畜産食料品や水産食料品などの9業種があり、「飲料・たばこ・飼料製造業」は酒類、清涼飲料水などの6種類があります。それぞれの分類はさらに細分化され、食品工業全体では53業種に分けられています。

研究所や工場で開発・加工・製造された製品が、卸売や小売の流通を経て消費者まで届くプロセスは、他の製造業と変わりありません。しかし、原材料が生ものであるため、保存に期限があったり、入手時期が限られていたりします。また、生産量そのものも、天候などに左右されやすい傾向があります。さらに、人々の口に入るものであるため、すべての工程で異物混入や腐敗などがないよう、徹底した衛生管理の工夫が必要です。

近年では、スーパーやコンビニエンスストア向けのPB(プライベートブランド)商品が多く出てきたことにより、業界全体の伸び悩みが指摘されています。食品業界の企業は、このような事態を回復させようと事業の再編や活発化に取り組んでいます。また、海外での日本食ブームの影響によって輸出が増加傾向にある食品もあることから、食品業界においても多くの企業がグローバルに事業を展開しています。

東証第一部上場の企業

東証第一部上場の企業

東証第一部に上場している代表的な食品系企業を紹介します。

キリンホールディングス株式会社(2503)

麒麟麦酒(キリンビール)」を中心とするキリングループの持株会社です。もともとはノルウェー系アメリカ人のウィリアム・コープランドさんが設立した日本初のビール醸造・販売会社です。三菱財閥の一員として、日本国籍の会社である「麒麟麦酒」が設立され、第2次世界大戦後の国内シェアはトップでした。現在は、ビール系以外の飲料や酒類の製造・販売や調味料事業、医薬品事業なども行なう他、海外でもその土地に合わせた商品・サービスを提供しています。

アサヒグループホールディングス(2502)

「アサヒビール」や「アサヒ飲料」などを傘下に持つ持株会社です。1987年に日本初の辛口ビール「アサヒスーパードライ」を発売し、それまでトップだった「キリンビール」を抜いて、業界トップとなりました。

酒類、飲料、食品、国際の4つの事業に取り組み、グローバルに事業展開しています。2011年には「アサヒビール株式会社」から「アサヒグループホールディングス株式会社」に社名を変更し、旧「アサヒビール」の事業全般を統括しています。子会社には「アサヒ飲料」、「エルビー」、「カルピス」、「アサヒフードアンドヘルスケア」、「和光堂」、「天野実業」の7社を保有しています。

味の素株式会社(2802)

うま味調味料である「味の素」を製造・販売する食品企業です。アミノ酸を中心に「食」、「バイオ・ファイン」、「医薬・健康」の3つの分野から「グローバル健康貢献企業グループ」を目指しています。調味料商品の他にも加工食品の「クノール」や「ピュアセレクトマヨネーズ」、冷凍食品類、レトルトカレーなど多くの食製品を開発・販売しています。食品だけでなく化粧品の販売や医薬事業にも取り組む他、世界にも進出しグローバルに事業展開をしています。