ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

ティッカー・シンボルとは



日本の上場企業には、数字4桁の「証券コード(銘柄コード)」があります。外国では数字ではなくアルファベットを用いています。そのアルファベットは「ティッカー・シンボル」と呼ばれています。

株式市場の情報を伝えるティッカー・シンボル

株式市場の情報を伝えるティッカー・シンボル

ニューヨーク証券取引書やNASDAQといった、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの証券取引所をはじめ、タイ、シンガポール、インドネシアなどのアジア諸国の証券所では日本とは異なり、アルファベット数文字でその上場企業のことを表すコードを使用します。これが「ティッカー・シンボル」と呼ばれる外国の証券コードです。多くの場合、企業や商品、ブランドの略称や頭文字を使っています。

これは、1870~1970年代まで株価の情報を収集するために、「ティッカー・マシン」と呼ばれる電信装置を使用し、「ティッカー・テープ」と呼ばれる細長い紙テープに企業名と株価などを印字して株式市場からの情報を取得するためのものでした。マシンが「ティ、ティ」と音を立てる擬音語からティッカー・マシンと名付けられました。現在は、各上場市場で決められた文字数のシンボルを使って株式取引がなされています。ニューヨーク取引証券所のシンボルは1~3文字で、次のような企業があります。

  • フォード・モーター(Ford Motor):F
  • ゼネラル・エレクトリック:GE
  • 3M:MMM

符丁が支えた証券取引所

符丁が支えた証券取引所

日本の証券コードや外国のティッカー・シンボルなど、ある特定の業界の中だけで使われていた暗号を「符丁(ふちょう)」と呼びます。符丁には、「文字符丁」「口頭符丁」「手ぶり符丁」があります。「文字符丁」は証券コードやティッカー・シンボル以外ではすでに廃れてしまい、「口頭符丁」は業界用語(内隠語)となり、証券コードではなく企業の特徴などから、銘柄のニックネームとして業界内で今でも使用されています。銘柄のニックネームの代表例を紹介します。

  • 第一製薬(4505)=「イチヤク」:企業名を略した形です。製薬会社は製薬を取るだけの場合が多いです。
  • 新日本製鉄(5401)=「テツ」:ゼロイチ銘柄の企業でもある、製鉄の大手企業です。
  • 富士重工(7270)=「スバル」:同社が販売する車種の名前を由来としています。
  • 日本石油(5001)=「アブラ」:ゼロイチ銘柄で、その名の通り石油会社であることから名づけられました。

手ぶり符丁は、主に証券会社の立ち会場(「場立ち」と呼ばれます)で働く人が、取引を行なう際に銘柄のサインなどを作って使用していました。しかし、IT化が進み、立ち会場でも手サインを使うことはなくなりました。

昔の取引所では、こうした符丁が頻繁に使用され、内容を公にせずに取引を成立させる投資家や企業が存在しました。