ご希望の上場企業・優良企業情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー

上場企業情報

上場企業のメリット・デメリット



上場している企業ばかりが成功しているという訳ではありません。上場せずに利益を上げている企業も数多く存在します。「なぜ上場するのか気になる」という人のために、ここでは、企業が上場する「メリット」と「デメリット」について紹介します。

上場によるメリット

上場によるメリット

企業が上場する理由は、会社を運営するための資本を得ることが第1の目的です。つまり「上場する」ということは、「株式を広く公開し投資家たちが自由に株を売買できるようにすること」と言い換えることができます。上場すると以下のような「メリット」があります。

  • 自社についての情報を公開することで、投資家(株主)が安心して株式を購入することができ、自社運営のための資金調達力につながります。
  • 財務内容が充実することで優れた人材が確保でき、経営力が向上します。
  • 株式公開(上場)をすることは、厳しい審査をクリアしたことを意味するため、その企業が安定した信頼できる企業である証とも言えます。また、上場して証券コードを得ることで株価が毎日公開され、会社の経営内容についての公開も求められるため、マスコミや新聞、『会社四季報』などの雑誌によって報道される機会も増え、知名度向上につながります。
  • 上場することで株価が上昇すると、創業者など元々株主だった人の資産が増加するため、経営側にも大きな利益になります。

「東京証券取引所第一部に上場する」意味

「東京証券取引所第一部に上場する」意味

東京証券取引所(東証)は、日本の証券取引所の中で最も大きな株式市場です。他にも、名古屋証券取引所(名証)をはじめ、地方の証券取引所もありますが、東証が日本で一番大きく市場の数も多い証券所です。株を売買したい人は東証一部に上場することで売買が成立しやすくなります。しかし、ここで上場するためには厳しい審査を受ける必要があり、その他の市場よりも難しい基準になっています。最も大きな市場のため、上場できた企業は株価が上がることで取引の成立もしやすくなり、企業のステータスも上がります。

上場によるデメリット

上場によるデメリット

上場するということは、会社のステータスにつながる良いことばかりではありません。大きな会社に成長するということは、それなりの社会的責任や役割も生まれ、また情報を公開するということで自社の経営の秘密を他に公開してしまうことにもなりかねません。

また上場し、株式を公開すると多くの投資家が自由に株式を売買するようになります。上場企業の株を購入した投資家はその会社の株主となることができ、経営方針や業務内容に意見することが可能です。上場して株主が増加すると、経営陣だけの内輪で済む検討内容を株主総会などで公開し、議論する必要が生まれます。保有株数が多ければ多い程株主は株主総会での発言権も増します。株を買ってもらうメリットと同時に、経営者や大株主にとって好ましくない、口うるさい株主が出現する可能性もあるのです。

ある株主が突然ある上場企業の株を買い占め、経営支配に至る危険性もあります。総会を開くための準備や経費が負担になる他、運営方法などにも注意しなければなりません。企業は、適切かつ公平に情報を公開し、株主との信頼関係を築く必要が生まれるのです。

上場したあとは、会社の経営について投資家に正確に報告する義務(ディスクロージャー)を負います。決算、有価証券報告書、半期報告書など株価に関する情報について不公平がないよう報告書をまとめ開示しなくてはなりません。そのための準備や経費もかかります。

非上場を貫く大企業

非上場を貫く大企業

多くの大企業が東証一部・二部や海外で上場を果たす中、非上場を貫いて成功している企業も日本には多く存在します。上場すると、自社の情報を公開しなくてはならず、株主などから経営内容に異を唱えられてしまう可能性や、大株主や企業から突然買収されてしまう危険性があるためです。日本で非上場企業として国内で有名な企業には、製菓メーカーや旅行会社、出版社などがあります。いずれも大手企業に数えられる企業のため、上場することが大企業になるための必須事項ではないと考えることができます。経営者には、企業を総合的かつ、将来を見据え、上場するか否かを考えていく手腕が必要なのかもしれません。